松山で最初の百貨店

いま松山市内にある百貨店は「松山三越」と「いよてつ高島屋」の二店。前者は「三越松山支店」の名称で昭和21年(1946)開店、後者は「いよてつそごう」の名称で昭和46年(1971)開店。実はこれ以前にも「大丸」と名のる百貨店が松山にはあった。

この「大丸百貨店」があったのは本町通り、札之辻交差点の母恵夢お堀端店がある辺り。大正6年(1917)、もしくは翌年の開店、同地で呉服店を営んでいた渡部卯平の経営になるものだった(『愛媛県史』には「渡辺卯平」と出るが「渡部卯平」であろう)。建物は洋風の四階建てだったが木造で、一階洋品、二階呉服、三階文具・化粧品、四階食堂といった店内構成。店内には全国的にもまだ珍しいエレベーターが設置されており、松山名物の一つに数えられていた。時代の先端を行く店だったが、松山の商業地の中心がこの店の立地する古町から湊町・大街道へと移りつつあった時期で、その流れに抗しきることはできず、昭和4年(1929)頃閉店。10年余りの短い営業だった。この百貨店のことは市民の記憶からも消えてしまっている。

【参考文献】
愛媛県史編纂委員会編『愛媛県史 社会経済4 商工』1987年3月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード