「もがりちっちきち~」

『坂の上の雲』(1968年~1972年産経新聞連載)に明治松山の夏の風物詩といった感じで、子供たちの「もがり」とりの遊びのことが出てくる。

この夏、移転早々、休暇があった。真之は島まわりの小さな蒸気船で松山のみなとの三津浜へ入った。(中略)松山に入ると、背後で笑う者がいた。なぐってやろうかとおもったが、子供だった。子供たちはどぶ川で、
「もがり」
というものを獲っていた。蚊に似た、蚊よりも四、五倍大きい昆虫で、それを網でとる。
もがり、ちっちきち
上に鬼がいる
下の方へさがれ
真之も子供のことにうたった唄である。この旧城下町はすこしも変わっていない。(司馬遼太郎『坂の上の雲』「海軍兵学校」)


この「もがり」とりの一節は、安倍能成(松山大街道出身)の自伝『我が生ひ立ち』(1966年刊)の次のような記述にもとづいたものであろう。

夏の初めになると、「もがり」と呼んで居た蚊の三四倍ある羽虫が、溝の上に夕方から群れ飛んだ。我々子供は「もがりちっちきち、上に鬼が居る、下の方へさがれ」とうたひながら、それを網や手で取って紙袋に入れたものであるが、取って何にするといふのでもなく、「もがり」は胴から緑の汁を出して一夜で死んだ。(安倍能成『我が生ひ立ち』Ⅰ「生家の様子」)


安倍能成がここで「溝」と言っているのは、大正の中頃まで大街道に流れていた大法院川という小川のことである。

久保より江の松山時代を思いだしての随想にも、この「もがり」とりの遊びが出る(久保より江は松山二番町の「愚陀仏庵(夏目漱石の下宿先)」の家主上野義方の孫娘)。

それからあれも夏の夕ではないでせうか。モガリをとるとて袋をこしらへて男の子は棹の先に何かをつけて「モガリチッチキチ上に鬼がをる下の方へ下れ」と追ひまわすんです。蜻蛉よりはずっとちさくて青いやうで翌くる日は袋の中で皆死んでをりました。(久保より江『嫁ぬすみ』「中の川の思出」)


たわいない遊びであるが、明治松山に生まれた人にとって、この「もがり」とりはながく記憶にのこる夏の遊びだったようである。

【参考文献】
久保より江『嫁ぬすみ』政教社 1925年8月
安倍能成『我が生ひ立ち』岩波書店1966年11月
司馬遼太郎『坂の上の雲(一)』(新装版)文春文庫 1999年1月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード