「えひめ」も祀られている伊豫豆比古命神社(椿神社)

伊豫豆比古命神社(松山市居相2丁目)。通称「椿神社」「椿さん」。

▼ 鳥居
DSCF9238_convert_20140508140730.jpg

DSCF9239_convert_20140508130847.jpg

▼ 古楠
DSCF9250_convert_20140508134551.jpg

「お紅さん」と呼ばれる牝狸がこの古楠に棲みついたといわれる。松山の各地にある狸伝説の一つ。

▼ 三輪田米山の幟
DSCF9241_convert_20140508130917.jpg

▼ 楼門
DSCF9283_convert_20140508131709.jpg

三輪田米山の特別展が境内の椿会館で開催されている(~6月1日)。

▼ 句碑玉垣
DSCF9267_convert_20140508192429.jpg

玉垣は俳句を刻んだ「句碑玉垣」。画像中央の一柱は正岡子規、明治25年春の句で「氣車戻る三津街道や朧月」。自社ゆかりの句を選んでの伊予鉄道の寄進。

▼ 拝殿
DSCF9275_convert_20140508131531.jpg

椿神社の祭神は伊豫豆比古命(男神)、伊豫豆比売命(女神)、伊与主命(男神)、愛比売命(女神)。愛比売(えひめ)は『古事記』に「伊予の国を愛比売といひ……」と出る。「かわいい女性」の意で愛媛県の名称の由来。

▼ 奏者社
DSCF9270_convert_20140509130048.jpg

拝殿前の奏者社と呼ばれる祠。祭神は潮鳴栲綱翁神(しおなるたぐつなのおきなのかみ)。伊豫豆比古命・伊豫豆比売命の乗った舟が当地に流れ着いたとき、この潮鳴栲綱翁神が先住者の代表として迎えに出たとの伝承があることから、よろず取り次ぎの神とされる。椿神社の参拝は本殿の主祭神より先にこの奏者社に詣でるのが慣わしという。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード