雷電為右衛門に勝利したことのある三津出身の力士

DSCF8210_convert_20140404124115.jpg

三津の元町7番地、元町地蔵がある一角に地元出身の力士の墓が6基。画像前列左より、

①押尾川

(竿石正面)「釈教祐 押尾川」
(竿石右面)「文化六己巳年」
(竿石左面)「二月十日」
(台石正面)「世話人 若狭川 象ケ峯 門弟中」


②千代之松

(竿石正面)「千代之松墓」
(竿石右面)「士 明治廿二年三月廿六日 女 明治十二年六月十九日 妻 俗名 スヱ」
(竿石左面)「積徳勇天居士 善室名儀大姉」


③三ツ湊

(竿石正面)「妙法 三ツ湊」
(竿石右面)「萬延元申年」
(竿石左面)「八月十八日」


後列左より、

④松之音

(竿石正面)「古三津ノ産 松之音久吉墓」
(竿石右面)「押尾川門弟」
(竿石左面)「明治第甲戌歳 旧九月十五日卒」
(台石正面)「同所 若中」
(台石右面)「世話人」とあり、7人の氏名
(台石左面)7人の氏名


⑤押尾川

(竿石正面)「上林産 押尾川」
(竿石右面)「明治二巳年」
(竿石左面)「正月九日」
(台石正面)「門弟中」
(台石右面)「始 要岩 後 三坂山 改 押尾川 建之」
(台石左面)「世話人 篝火」


⑥打浪

(竿石正面)「(梵字の阿字) 打浪」
(竿石右面)「天保七歳」
(竿石左面)「辰 五月十日」



DSCF7185_convert_20140404132637.jpg

墓の前には「郷土の相撲人 四代目押尾川」と題する説明板があり、①の「押尾川」の略歴が記されている。その記述内容には疑問を感じる点もあるので、ここでは『大相撲人物大事典』『史料集成 江戸時代相撲名鑑』(以下『名鑑』と表記)の両書によって、この押尾川の略歴を記しておくことにしよう。

押尾川巻右衛門 三津・塩屋町の灘屋喜太八の子。大坂に出て陣幕長兵衛の弟子となり、龍門瀧之助、のち龍門鯉之助と名のる。寛政2年(1790)3月、江戸に下って藤嶋甚助の弟子となり、西の関脇。翌年4月、名を陣幕嶋之助と改める。同7年11月、東の大関。以後、関脇陥落等もあるが、同12年10月、東の大関で押尾川巻右衛門(三代目)を襲名。文化元年(1804)、引退(年寄名跡押尾川部屋三代目)。江戸幕内での成績は60勝22負9分。同4年7月、帰郷。同6年2月10日、39歳で死去。法名・釈教祐。(説明板では四代目押尾川となっているが、『名鑑』では三代目。四股名の変遷についても、説明板の記述は上記2書と相違している。)

この押尾川は寛政3年(1791)6月の上覧相撲(将軍が観覧する相撲)で、最強力士とされる雷電為右衛門をのど輪攻めで破った。その対戦記録を引用しておこう(陣幕とあるのが当時の押尾川)。

関脇、東の陣幕に、雷電とて、この頃鳴神よりも響きわたれるをあはす。立ちあふさまに陣幕、早や雷電がのどへ手をかけ、咽喉(のど)づめといふ手して、たゞ一度に土俵へおしつめたり。このほどのうちどりには、いくらも角力に立合ひぬるも、滞なく勝ぬるは、思の外にあるかなと人いふ。今日の関脇にかなへりとて、弦を陣幕に与ふ。(幕府編修官・成島峰雄の「すまゐ観覧の記」)



②の「千代之松」については墓石に刻まれている没年月日、戒名以外、情報がない。

③の「三ツ湊」、『名鑑』には「三ツ湊吉平 幕下」「三ツ湊勇吉 三段目」「三ツ湊岩五郎 幕下」「三ツ湊政吉 上ノ口」「三ツ湊勇八 上ノ口」「三ツ湊政七 関脇」が出る。③はこのうちの誰かであろうか。

④の「松ノ音久吉」は慶応3年(1867)6月、西中頭23枚目(大坂番付)。墓石に刻むところによれば、古三津の生まれで、押尾川の門弟(「松南論叢」所収の論考で「押尾川の義理の弟」と推断しているのは誤り。墓石竿石右面の「押尾川」の字の下は「門」の字で、論者のいうような特殊な助詞ではない)。

⑤の「押尾川」は八代目の押尾川巻右衛門。浮穴郡上林村の村上氏の出。天保11年(1840)初土俵。現役時代の四股名ははじめ要岩、のち三坂山。最高位は西前頭4枚目(大坂番付)。安政5年(1858)、引退(年寄名跡押尾川部屋八代目)。明治2年(1869)1月9日、58歳で死去。

⑥の「打浪」、『名鑑』には「打浪三太左衛門 幕下」「打浪惣五郎(宗五郎) 前頭」「打浪久五郎(久兵衛) 二段目」「打浪仙蔵 三段目」が出る。このうち「仙蔵」は天保15年の時点で存命であるので、天保7年死去の⑥とは生存年代が合わない。

【参考文献】
横山健堂『日本相撲史』冨山房 1943年1月
田村仙十郎「関取押尾川伝」(「ふるさと久万第13号」1976年6月)
森常蔵『伊予浮穴郡拝志郷上林 村の風土史』1997年6月
「相撲」編集部『大相撲人物大事典』ベースボール・マガジン社 2001年4月
飯田昭一編『史料集成 江戸時代相撲名鑑(上)』日本アソシエーツ株式会社 2001年9月
三好正文「大関・押尾川ものがたり-大坂・江戸とつながる港町三津の歴史-」(「松南論叢第26集」2005年3月)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード