大宝寺の「うば桜」

▼ 大宝寺(松山市南江戸5丁目)本堂前の「うば桜」(3月21日撮影)
DSCF7272_convert_20140321132805.jpg

DSCF7266_convert_20140321132712.jpg

DSCF7262_convert_20140321133203.jpg

DSCF7288_convert_20140321132849.jpg

堂前の桜を姥桜と称し、春季の候、観桜者の来遊甚だ多し。大宝元年是に植う。伝へいふ、姥あり、乳なきを憂ひ、此寺に来り祈りて帰る。其際堂前の桜を折りたるに忽ち乳汁出でしにより之を嬰児に含ましめ漸く飢を免れたるにより爾来姥桜と称すといふ。(『温泉郡誌』「朝美村」)


▼ 乳母桜像
DSCF7269_convert_20140321132948.jpg

「うば桜」は彼岸桜の一種、松山市指定天然記念物。大宝寺の本堂は鎌倉初期の建築で国宝。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード