「しあわせ」という言葉

「しあわせ」という言葉はもともと幸福を意味するものではなかったようである。「しあわせ」は動詞「しあわす」に由来する言葉(動詞「しあわす」の連用形の名詞化)。動詞「しあわす」は「うまくはからってふさわしい状態になるようにする。合うようにする。つじつまをあわせる。うまくやりおおせる」などの意味で、これに由来する「しあわせ」は「めぐり合わせ。運命。なりゆき。機会」等が本来の意味であった。「しあわせ」は人生のめぐり合わせの意味で、よい場合にもわるい場合にも用いる言葉だったのである。明治生まれの曾祖母は「~さんはしあわせがわるい人で…」というようなつかい方をしていた。子供時分おかしな表現だと思っていたが、曾祖母の言う「しあわせがわるい」は「人生のめぐり合わせがわるい」の意味だったのである。「しあわせがわるい」がおかしな言葉でなかったことは曾祖母の亡き後知った。

【参考文献】
『日本国語大辞典 第二版』第6巻 小学館 2001年6月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード