維新の時代の松山

維新の時代の松山-朝敵とされ賊軍藩の扱いを受けた松山にとってこの時代は決して明るい時代ではなかった。高浜虚子は当時の松山を次のように語っている。

私の郷里は伊予の松山でありまして、維新の風雪に際会して起ったといふやうな藩とは違ひまして、寧ろ維新の機運に取残されてをったといふやうな風でありました。その当時は極めて人心が萎靡して振はなかったものであります。(『俳句の五十年』「維新の松山」)

廃藩置県で、しかも松山藩は一旦朝敵といふ側にまはりましたので、士は職を失って、大した官吏にも採用されることができませんでした。官吏といふものは大がい薩長土の人々が入り込んで来まして、県の要路をしめました。それで中には商売人になるものもありましたが、それ等はよほど小才の利く人でありまして、大がい無職のまゝ居食をしたり、或は県庁か郡役所の小役人になったり、中には小使になったりする者もありました。(『虚子自伝』「西の下」)

その時分の松山藩は、戦に敗れた藩として、その士族は殆ど潰滅され、立ち上る勇気のあるものは極めて少なかったと言ってよいのでありました。(『虚子自伝』「京都」)

其時分の知事や旅団長の威風はたいしたものであった。殊に維新当時の藩論は佐幕に傾いて、土州、長州の兵隊の包囲を受けた苦い経験があるので旧藩士が藩閥出身の大官の前に頭の上らなかったのは道理のあることであった。若し彼等が職業を求めようとするならば極めて腰を低くして彼等の門戸に出入し、さうして卑賤な小吏に登用されるのを無上の名誉と心得なければならなかった。(「死に絶えた家」ホトトギス大正元年9月)

私は、子供心にも、朝敵であり、敗残者である松山の市民の、其頃知事以下薩長の顕官等の下に屈辱に甘んじてゐるのを不甲斐なく思った。何事か為すであらうことを心に誓ってゐた。(『虚子自伝』朝日新聞社)


敗残者で人心は萎靡、立ち上がる勇気のある者は少なく、屈辱に甘んじていたという。意気消沈の時代の松山。維新の変革は松山にとって暗い時代への転落であった。

【参考文献】
『定本高浜虚子全集』第13巻 毎日新聞社 1973年12月

DSCF6974_convert_20140201123919.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード