FC2ブログ

伊予鉄道松山市駅-その駅名の変遷

DSCF5998_convert_20131109185437.jpg

伊予鉄道松山市駅。明治21年(1888)の同鉄道開業(松山-三津口-三津)以来の歴史ある駅だが、この駅の名称は以下のように変遷している。

①明治21年(1888)10月28日、「松山」の駅名で開業。
②明治22年(1889)7月20日、「外側(とがわ)」に改称。
③明治35年(1902)6月1日、「松山」に改称。
④昭和2年(1927)3月1日、「松山市」に改称。現在に至る。

②の「外側」というのは城下東南部の通称。②と同時に「三津口」の駅名も「古町」に改称されているが、「古町」は城下西北部の通称であった(松山城下は藩政時代以来「外側」「古町」の二地域に大きく区分されていた)。

④の改称は国鉄の松山駅開設に伴うもので、伊予鉄道の社史にはその経緯が次のように記されている。

そのころすでに当社が「松山駅」という駅名を使っていた。だが国鉄にしてみれば、「松山駅」を名乗らない以上お話にならない。そこで当社に対して、松山駅改称運動を起こした。当社としても、国鉄以前の伝統と歴史において、絶対に改称できないと真っ向から反対し、国鉄には「伊予松山駅」とでもすればよいと進言したほどである。
国鉄は省線の面目にかけて「松山駅」を名乗らない以上は列車を走らせまいとばかり、地元の交渉から問題を中央に移して、当社の運輸課長を本省に招き折衝を重ねた。もちろん交渉は難航したが、しょせん“日の丸”には勝てないとみて、当社もついに腰を折り「松山市駅」と改称して「松山駅」を国鉄に譲ったわけである。(『伊予鉄道百年史』)


国鉄に譲歩しての駅名改称。隣県香川の四国水力電気屋島駅が屋島登山口駅に改称したのも同様のケースで、国鉄の威力にはやはり勝てなかったらしい。

【参考文献】
伊予鉄道株式会社(編集発行)『伊予鉄道百年史』1987年4月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード