勝山町の「鳥居のある寺」

DSCF5905_convert_20131108113635.jpg  DSCF5992_convert_20131108121623.jpg

松山市勝山町2丁目の大通りに面した一画。鳥居があるが、常楽寺という天台寺門宗の寺である。山号は稲荷山。

DSCF5910_convert_20131108113846.jpg  DSCF5987_convert_20131108121533.jpg

境内に「稲荷大明神」。

DSCF5909_convert_20131108113755.jpg  DSCF5977_convert_20131108123541.jpg

稲荷神は稲の実りをもたらす穀霊神、農業神。狐はこの神の化身動物である。

境内に稲荷神の祠堂がある寺というのは珍しくないが、この寺には狐の他にも狸。

DSCF5906_convert_20131108113710.jpg  DSCF5986_convert_20131108121442.jpg

八股榎大明神

八股榎は東堀端の大榎、「お袖」という雌狸が棲みついて霊験をあらわしたといわれ、大明神と崇められた。この寺ではそれを勧請して祀っているのであろう。

DSCF5913_convert_20131108113945.jpg  DSCF5912_convert_20131108152512.jpg

仏教の寺の中に狐と狸。ここを訪れた宗教学者の山折哲雄氏は、「驚きましたね。まさに新しいタイプの神仏共存かもしれません。松山にしかないんじゃないかな」(「松山百点」2013年9月号)と述べている。

【参考文献】
五来重『宗教民俗集成4 庶民信仰の諸相』角川書店 1995年7月
山折哲雄「私のつれづれ松山論 伊予の狸と山頭火」(「松山百点」2013年9月号)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード