明治32年12月、子規を上機嫌にさせたもの

明治32年(1899)12月、根岸の自宅での子規の病床生活に一大変化が起こった。病室の庭に面したがわの障子をガラス張りのものとしたのである。冬の寒気は防げるし、外の光景も見える。子規は上機嫌であった。随筆「新年雑記」では次のように言っている。

ガラス障子にしたのは寒気を防ぐためが第一で、第二には居ながら外の景色を見るためであった。果してあたゝかい。果して見える。見えるも、見えるも、庭の松の木も見える。杉垣も見える。物干竿も見える。物干竿に足袋のぶらさげてあるのも見える。其の下の枯菊、水仙、小松菜の二葉に霜の置いて居るのも見える。庭に出してある鳥籠も見える。


見えるものの列挙は以下もつづくが省略して、

其外に予想しない第三の利益があった。それは日光を浴びる事である。真昼近き冬の日は六畳の室の奥迄さしこむので、其中に寝て居るのが暖いばかりで無く、非常に愉快になって終(つい)には起きて坐って見るやうになる。此時は病気といふ感じが全く消えてしまふ。


ガラス障子にしたことで、子規は新鮮なよろこびを感じていた。同月17日付の漱石宛ての手紙でもこのガラス障子のことにふれ、「こんな訳ならば二三年も前にやったらよかったと存(ぞんじ)候」と記している。

障子をガラス張りに替えることを提案したのは虚子であった。虚子はのちに子規を主人公とした『柿二つ』という小説を書いているが、そのなかでガラス障子にしたあとの子規の上機嫌ぶりを次のように描いている。

今年の冬の寒さが新に問題になった時、K(注-虚子)は、庭に面した南の障子をガラス障子に替へたら暖かだらうと言った。天気さへよければ一日日が当ってをるのであるから成程ガラス障子にしたら暖かだらうと彼(注-子規)も考へた。
此病室の凡ての物に不似合な手荒な物音をさせて居た建具屋が四枚の新しいガラス障子を嵌めて帰って行ったのは十二月の初めであった。
今迄障子を開けねば見えなかった上野の山の枯木立も、草花の枯れて突立ってゐる冬枯の小庭も手に取るやうに見えた。暖かい日光は予想以上に深く射し込んで来て、病床に横はった儘で日光浴が出来た。
彼は蒲団をガラス障子の近処迄引張らせて、其蒲団の上に起上って、ガラスの汚れたのを拭き始めた。
「そんな事をおして又熱でも出ると大変ぞな。」と老いたる母親は心配した。
彼はかまはずにガラスを拭いた。余り日がよく当るので彼は少し上気(のぼ)せて来た。壮健な時の楽しかった旅行の記念に何年か病室の柱に吊して置いた菅笠を思ひ出して、彼は其菅笠を取らせて被った。
此珍らしい機嫌はいつも曇ってゐる此一家内の空気を晴々とした。親子三人揃った笑声が暫くの間聞えた。
彼は遂に菅笠を被った儘机に凭れて原稿を書き始めた。
彼は愉快な事があると直ぐ仕事の事を思った。御馳走を食べても之(これ)は仕事をする為の御馳走だと思ふといゝ心持であった。もし仕事も何もせずに唯御馳走だけ食べるものとすると彼は自分に対して申訳が無かった。今ガラス障子が病室に出来て、今迄に覚えない暖かさを覚えるにつけて、彼は唯此愉快を快喫して居るに忍びなかった。彼は遂に菅笠を被った儘で机に凭れたのであった。(高浜虚子『柿二つ』第十一回「ガラス障子」)


子規がみずからガラスを拭いた、菅笠を被って原稿を書いたなどとあるのは、虚子の勝手な創作ではない。32年12月11日付の虚子宛ての子規の手紙に「今日は終日、浴光。自らガラスを拭くなど大機嫌に御座候。菅笠を被って机に向ふなど近来になき活溌さにて、為に昼の内に原稿を書き申候」とあるように、子規自身が述べていることがらである。ガラス障子の取り付けという何でもないことだが、病床の子規にとってはわれわれが想像する以上のよろこびだったのである。

【参考文献】
『高浜虚子全集』第6巻(小説集2)毎日新聞社 1974年10月
『子規全集』第12巻(随筆2)講談社 1975年10月
『子規全集』第19巻(書簡2)講談社 1978年1月
柴田宵曲『評伝 正岡子規』岩波文庫 1986年6月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード