石手川

▼ 石手川
DSCF5634_convert_20131027172204.jpg

DSCF5761_convert_20131027183807.jpg

DSCF5759_convert_20131130081144.jpg

DSCF5784_convert_20131027183903.jpg

DSCF5785_convert_20131027184115.jpg

DSCF5850_convert_20131028153217.jpg

▼ 石手川緑地
DSCF5787_convert_20131027190359.jpg

DSCF5790_convert_20131027190624.jpg

DSCF5792_convert_20131027190709.jpg

石手川はもと湯山川といい、今の市内中心部の二番町から南堀端辺りを流れて吉田浜に注いでいたらしいが、江戸初期の足立重信による改修でこんにちのかたちとなったという。

正岡子規の「東京松山比較表」(『筆まさせ』第一編「松山会」)には

隅田川 石手川

という対比がある。

子規の叔父・加藤恒忠はこの川の名をとって「拓川」(拓は手偏に石で石手)と号した。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード