三津浜港の船溜り

三津浜港には第一・第二・第三の三つの船溜りがある。

▼ 第一船溜り
DSCF5727_convert_20131027151301.jpg

▼ 第二船溜り
DSCF5730_convert_20131027151038.jpg

▼ 第三船溜り
第三船溜まり5735_convert_20131027151430

このうち第一・第二の船溜りは、昭和6年(1931)~11年(1936)、山谷市松三津浜町長らのもとで105万円余を投じて築造された(『松山市史』第3巻290㌻)。旧船場町一帯はこのときの工事で大きく変貌し、正岡子規がたびたび訪れた料亭「溌々園」があった土地もその大半が削られて海の底となった。第三船溜りは、昭和21年(1946)から25年にかけての拡張工事によって造られた。

【参考文献】
松山市誌編集委員会編『松山市誌』1962年
松山市史編集委員会編『松山市史』第3巻 1995年5月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード