「浮雲やまた降雪の少しづゝ」

DSCF4721_convert_20131015075139.jpg

浮雲やまた降雪(ふるゆき)の少しづゝ 樗堂題


阿沼美神社(松山市味酒町3丁目)の境内にある栗田樗堂(1749-1814)の句碑。樗堂は松山きっての造り酒屋・廉屋の七代目当主。京都で加藤暁台に俳諧を学び、伊予第一の俳人と称されるまでになった。晩年、味酒の地に庚申庵を営んで、風雅の生活をおくり、その後さらに安芸の御手洗島に移り住んでこの島で歿した。三津の豪商で九霞楼、帯江楼の別邸を持った松田家(唐津屋)とは姻戚関係にあった。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード