秋山好古、大阪師範学校時代の質素な生活

明治8年(1875)5月、秋山好古(数え年17歳)は大阪師範学校に入学。翌年、同じ松山出身で同い年の鴨川正幸が同校に入学した。秋山と鴨川は松山では家も離れていたので交際といえるほどのものはなかったが、師範学校ではただ二人だけの同郷人だったので、たちまち親しくなった。当時、同校の生徒は年長者が多く、30歳、40歳くらいの者も珍しくなかった。200名ほどの全校生の中で秋山と鴨川は最年少の部類に属していた。

秋山、鴨川はともに士族の出であったが、家は豊かではなかったため、二人の師範学校時代の生活は極めて質素であった。二人とも羽織を一枚ずつしか持っていなかったが、秋山のは裏が破れ、鴨川のは表が破れたために、二枚の羽織を合わせて一枚の羽織を作り、外出の際には交替で着て出たなどという話も伝わっている。

鴨川は帰郷後、松山市の収入役をながく務め、市政功労者として表彰された。師範学校時代の秋山については次のように語っている。

秋山君は師範学校では中位の成績で、特に傑出してゐたといふ点は見なかったが、多くの年長者の間に伍しながら、堂々として少しも引けを取らない態度を持してゐた。それに何時も要領を得たやうな得ないやうな、茫漠としてゐる中に、何となく大きなところがあった。


秋山は師範学校卒業後、名古屋の小学校で半年余り教職を務めたが、一転して陸軍士官学校に入学、軍人の道を志すようになる。

▼ 松山市梅津寺町・見晴山の秋山好古銅像
DSCF5562_convert_20131017113659.jpg

【参考文献】
秋山好古大将伝記刊行会(編集・発行)『秋山好古』1936年11月
松山市史編集委員会編『松山市史』第3巻 松山市役所 1995年5月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード