高浜開港と三津浜築港運動

明治30年代、伊予鉄道の主導で高浜築港が推進、その動きに古くより港によって繁栄してきた三津浜町は危機感を強めた。隣接する高浜に新港ができれば三津浜港は衰退する。高浜に対抗するためには、三津浜港を近代的な設備の港に大改修しなければならない。町の命運はこの三津浜築港にかかっている、当時の三津浜町はそう認識した。

高浜築港を進める伊予鉄道の社長・井上要(1865-1943)は進歩党の議員でもあった。三津浜町は進歩党の対立政党である政友会の藤野政高(1856-1915)に接近、町をあげて政友会に加盟する代わりに同会は三津浜築港を全面支援するという約束がなされた。当時の県政界は政友会・進歩党の対立が激しく、三津浜築港は政党間の対立をも巻きこんだ問題となった。三津浜は政友会の港、高浜は進歩党の港、世人はそう評するようになった。

愛媛県知事・安藤謙介(1854-1924)は政友会寄りであったから、事態は三津浜に有利に動いた。明治41年(1908)5月の臨時県会に安藤知事は三津浜築港費92万円余を含む22カ年継続土木事業案を提出、井上要ら進歩党はこれを不急の事業として猛反対したが、政友会が多数を占めるなか可決された。この事業が実施されれば大型汽船の接岸が可能な大三津浜港が実現する。三津浜に歓喜の声がおこった。県知事・安藤謙介、政友会の藤野政高は三津浜では英雄であった。町民念願の三津浜築港起工式は42年7月13日と決まった。(次回につづく)

【参考文献】
井上要『伊予鉄電思ひ出はなし』伊予鉄道電気社友会 1932年9月
池田善昭「松山市三津浜の港町としての盛衰について」(歴史地理学122号 1983年11月)
愛媛県史編纂委員会編『愛媛県史 地誌Ⅱ(中予)』1984年3月
愛媛県史編纂委員会編『愛媛県史 近代上』1986年年3月
窪田重治「松山市三津浜港の盛衰と高浜開港(下)」(「社会科」学研究24号 1992年12月)
松山市史編集委員会編『松山市史』第3巻 1995年5月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード