興居島にあった城「明沢城跡」

DSCF2389_convert_20130917123441.jpg

興居島の泊港の北にある丘陵(通称「城山」)。

DSCF2816_convert_20130322195059.jpg

戦国時代、この丘陵には「明沢城」と呼ばれる城郭があった。

DSCF2405_convert_20130917123734.jpg

丘陵の南麓には、明沢城主・村上信濃守弘正の菩提寺と伝える弘正寺がある。

コピー+~+DSCF2381_convert_20121028114008

明沢城阯 大字本浦の中央点より東北二町四十間の所、海上に突出せる断崖絶壁の上にあり。上部平坦にして東西六十間、南北十二間、老松蟠生す。之を城山と曰ふ。河野家十八将の一人、士大将・船大将兼帯村上備中守吉光の旗本組衆、村上信濃守弘正これに居る。のち天正年間、石崎四郎三郎居る。(『新編 温泉郡誌』「興居島村」)


明沢城は、本浦海上に突き出た丘陵を、十数段に削平して連郭方式を中核とし、堀切りによって背後を内陸部と隔絶している。頂上部にある一の郭は、北面に土塁が一条あって、南面には幅五メートルの腰曲輪があり、その中央部に方一メートル配石された所がある。自然石は赤変して、のろし台遺構と思われる。(中略)『河野分限録』に、因島村上氏の麾下組衆村上信濃守弘正が、天正年間に興居島城(明沢城)主として在城したとある。菩提寺とされる弘正寺もある。(『松山市史』第1巻)



【参考文献】
松田卯太郎編『新編 温泉郡誌』松山石版印刷所 1916年3月
興居島中学校編『ふるさと興居島』1985年3月
松山市史編集委員会編『松山市史』第1巻 1992年10月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード