明治の松山、伊予鉄の駅開設にともなう珍騒動

明治20年(1887)9月14日に開かれた伊予鉄道の創立総会で、路線は松山(湊町西端=福正寺前)-三津口(萱町六丁目)-三津(住吉端東詰)と決定。駅ができる松山湊町の商店主らは一様にこれを喜んだが、同町の反対方向である駅の西側の町筋に鉄道利用客の足が流れることを危惧して、駅の西面に堤防を築かねばならぬと断固取り決め、一時大きな問題となったという。

此線路の起点を湊町西端に決めて工事にかゝらうとする頃、湊町の人々は一喜一憂で乗客出入の中心を手近に引寄することゝなったのを喜ぶと共に其乗客が西方の各町に散るを憂ひ、四方開通、集散自由では大に町の繁栄を害するにより断然松山駅の西面に堤防を築かなければならぬと申合せ、大に問題となった。幸に夫()れは鈴木安職君等尽力によって漸く鎮静したけれども一時は中々の騒ぎであった。此一例を見てもその頃一般の鉄道に対する理解の程度と世相人心の如何なるものであったかを卜するに足るであらう。(井上要『伊予鉄電思ひ出はなし』第一「伊予鉄道の創業時代」二「第一回株主総会の思ひ出」)


堤防を築いて人の流れを止めるというのもおかしな発想だが、当時の湊町商店主らにとってはこれも真剣に考えてのことだったのだろう。伊予鉄道の開業以降、湊町・大街道が古町にかわって松山の商業機能の中心となったから、湊町商店主らがいだいた当初の危惧は結局杞憂に過ぎなかった。

【参考文献】
井上要『伊予鉄電思ひ出はなし』伊予鉄道電気株式会社社友会 1932年9月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード