大街道にあった川

松山の中心商店街「大街道(おおかいどう)」。この通りには昔、小さな川が流れていた。大街道に生家があった安倍能成(1883-1966)の自伝にこの川についての言及がある。

私の家は大街道といふ所にあり、その頃はそれほどでもなかったけれども、今は目抜の殷賑街になって居る。(中略)私の家も子供心に割に大きいと思って居たが、屋敷は百五十坪程しかなかったとも聞いて居る。前に郊外から流れて来て居る一間半ばかりのどぶがあって、木の橋がかゝって居た。平素は水が少なく塵芥が多かったが、梅雨の頃には四五尺くらゐの石垣をすっかり浸す程に水が漲った。さういふ時には郊外の水田から色々な藻が流れて来たので、それを網で受けては金魚鉢に浮かせたりした。(中略)水が引いた後二三日はどぶ泥が洗はれてきれいになった。夏の初めになると、「もがり」と呼んで居た蚊の三四倍ある羽虫が、溝の上に夕方から群れ飛んだ。我々子供は「もがりちっちきち、上に鬼が居る、下の方へさがれ」とうたひながら、それを網や手で取って紙袋に入れたものであるが、取って何にするといふのでもなく、「もがり」は胴から緑の汁を出して一夜で死んだ。この溝は大街道に沿って流れて、前にいった魚之棚の手前で右折し、それから末広町といふ所で左折したが、この辺では水がせかれて泥溝が深く汚く停滞して居た。他方東の方石手川の清流を引いた中の川といふのは水も清く、湊町一丁目といふあたりでは、上(かみ)中の川といって川を挟んで両岸に道路があり、それに家が立ち並んで、岸には柳の枝が風に靡き、子供心にも風情を感じた。この川はずっと流れて、藤原といふ伊予鉄道の外側(とがわ)駅の近くで、我々の家をよぎる大街道の溝と合流して、福勝寺川となり、萱町七丁目といふ所の土橋(どばし)を過ぎて郊外に出た。土地に生まれた少年の想ひ出は、こんなどぶ溝の辺りにもまつはって居るのである。梅雨の前や後やの夏の日、水の少ない頃には、松山で「ぢゃうれん」と呼んだ、竹で作った小さい箕のやうなもので、この溝から鮒やたまには鯉、それから「ちみん」、それよりも小さい「かりん」などをすくって、金魚鉢に飼ったりしたものである。(安倍能成『我が生ひ立ち』Ⅰ「生家の様子」)

私の家は町医者だったせゐか、町は住宅地でなく商店街であり、戸籍は小唐人(ことうじん)町といったが通称は大街道といって居た。前にいったやうにかなり大きな溝があり、家へは一丈ばかりの橋によって出入し、商家はその前をすっかり橋で覆って居た。溝は流れの方向からいへば左側にあり、向側の家と溝との間に街路があったわけである。(『同上』Ⅰ「街頭風景」)


安倍能成は「どぶ」「溝」と言っているが、この川は今の「シネマサンシャイン大街道」の辺りに藩政時代あった大法院という寺の名によって「大法院川」と呼ばれていた。川幅3mほどの、きれいとはいえない川だったが、付近の子供たちにとっては恰好の遊び場であった。大正8年(1919)から翌年にかけての下水道工事でこの川も埋め立てられ、道幅が拡張、大街道の商店街化が進んだ。

【参考文献】
安倍能成『我が生ひ立ち』岩波書店 1966年11月
『日本歴史地理大系39 愛媛県の地名』平凡社 1980年11月
高田英夫『大街道あれこれ物語』 1996年4月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード