「日永さやいつまでこゝにいよの富士 其戎」

▼ 碑表(左)・碑陰(右)
DSCF5022_convert_20130531105141.jpg  DSCF5023_convert_20130531105233.jpg

日永さやいつまでこゝにいよの富士 其戎


大原其戎(1812-1889)の句。明治21年(1888)5月13日、久万ノ台成願寺での句会で詠まれた。「いよの富士」は興居島の南に聳える伊予小富士(標高282m)。山容が富士山に似ているのでその名がある。

大原其戎は正岡子規が師と仰いだ三津栄町(現在の松山市三津1丁目)の俳諧の宗匠。子規は自撰自筆の選句集『なじみ集』にこの句を収めた。

句碑は本年(2013年)5月、其戎の子孫によって恵美須神社(三津2丁目)境内に建立。同月26日に除幕式がおこなわれた。碑表は子規『なじみ集』の文字の拡大。

▼ 興居島の伊予小富士
DSCF1803_convert_20120331160337.jpg

DSCF1114_convert_20121013075056.jpg

DSCF9509_convert_20120805185934.jpg

DSCF4908_convert_20130531120859.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード