加藤嘉明、会津へ転封

寛政4年(1627)、加藤嘉明は伊予松山20万石から会津若松40万石に転封となった。東北枢要の地への加増転封。史書が伝えるところでは、嘉明のこの転封は藤堂高虎の推薦によるものだという。

(寛政四年四月)十日(中略)加藤左馬助嘉明、伊予国松山城二十万石を転じ、陸奥国会津若松の城四十万石を下さる。(中略)世に伝ふるところは、会津若松の城は陸奥、出羽の鎮として大事の所なれば、家門譜代の宿将ならでは置かれがたき地なるに、嘉明外様の身にてかく要害の地を委任せられしそのゆへいかなる事といへば、既に下野守(注-会津領主蒲生忠郷)卒去の後、たれかに若松の城をあづけ給はんとて、宿老耆旧のともがらをめして、会議ありしに、藤堂和泉守高虎一人すゝみいでて、当時にたれかれと申さんより、加藤左馬助にしくもの候べしとも思はず、かれは幼より豊臣家につかへ、志津が獄七本槍の一人、その後関原に当家へ志をはこび、大坂にも其心をひるがへさず、きはめて律儀ものにて候へば、いか様なる要地を委任し給ふとも、御心やすかるべく候と申ければ、諸老これに同じてかくは定まりしとぞ、しかるに藤堂と加藤は、その昔朝鮮の戦に番船を乗取し功を争ひしより互に不快となり、修身面をあはせても一語を交へざりしとぞ、さる不快のなかにても国のため私の憤をおさへて、その能をすゝめける高虎が量の広さよとて、上下感ぜぬものはなかりしとぞ。(『大猷院殿御実紀』巻九)


上に言及があるように、藤堂高虎と加藤嘉明は朝鮮の役以来、不仲であったが、高虎は嘉明を推薦。「高虎が量の広さ(高虎の度量の広さ)」と上にはあるが、高虎には何か別の意図があったのかもしれない。

すでに65歳となっていた嘉明はこの会津転封を喜ばなかった。将軍家光から転封を命じられたとき、嘉明は「役にたつ家臣がみな死んでしまったので任に堪えない。どうかこのまま松山で身を終えさせ給え」と辞退を申し出ている。

又その家の説によるに、この日会津の地たまはるべしとの仰承りし時、嘉明申けるは臣が家に、兼々戦場のはせめぐりをもしなれ候河村権七など今は皆死はてゝ、用にたつべき者候はねば、要枢の地あづかるべき様も候はず、たゞこのまゝに松山に老身を養はしめ給へと申ければ、汝が子明成、父におとるべしとは思召さず、辞退せず奉れと仰ありければ、嘉明も畏りしとぞ。(同上)


家光は「汝の子の明成は汝に劣らざる器だから心配は要らない」と言って嘉明の辞退をしりぞけた。かくして嘉明は会津の領主となるのだが、その没後あとを継いだ明成は堀主水(もんど)という家臣との間で争いを起こし、会津40万石の領地を幕府に返上することになる(次回ブログ記事参照)。

▼ 加藤嘉明騎馬像(城山ロープウェイ東雲口駅舎横)
DSCF3912_convert_20130430192037.jpg

【参考文献】
『続国史大系』第10巻 経済雑誌社 1902年12月
日下部正盛『加藤嘉明と松山城』愛媛新聞サービスセンター 2010年9月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード