春の道後温泉

DSCF3339_convert_20130322141548.jpg

DSCF3348_convert_20130322141756.jpg

DSCF3341_convert_20130322141656.jpg

DSCF3351_convert_20130322141952.jpg

紅白幕で飾られた道後温泉本館。今月19日には春の恒例行事の「湯祈禱」がおこなわれた。「湯祈禱」は1707年の宝永地震で湯の湧出が止まったおり、藩主・地元民が神社に再湧出を祈願したことに由来する。安政元年(1854)の地震でも湯が止まったが、そのときには三津の海岸や道後の御手洗川でみそぎまでおこなわれた(「若きすくよかなるかぎりには赤裸となり、雪霜の寒きを厭はず、雨風のはげしきおかして、三津の浜へみそぎして、または御手洗川の清き流れに身をきよめ、夜ごと日ごとに伊佐爾波の岡の湯月の大宮、出雲岡なる此神社に参りて温泉をもとの如くに作り恵み給へと祈り奉りしに……」安政元年の湯神社の記録)。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード