FC2ブログ

伊予鉄道1号機関車・客車

▼ 伊予鉄道1号機関車・客車の現物(梅津寺公園)
DSCF4167_convert_20120301074219.jpg

▼ 客車の現物(正宗寺・子規堂前)
DSCF3195_convert_20130302141124.jpg

伊予鉄道の1号機関車・客車等一式は東京の刺賀商会を通してドイツから輸入された(ミュンヘン・クラウス社製。機関車2両・客車6両・緩急車・貨車等)。機関車は分解して送られ、到着後組み立てたが、客車は組み立てたものがそのまま大箱に入れて送られて来た。

其の当時、車輌や機関車は独逸に註文をしたのでありますが、機関車は重量八噸ばかりのもので之を分解して輸入し、こちらで組立てたのでありますが、客車は独逸で組立てたものを箱に入れて向ふから持って来た。其の客車は外部は鋼鉄、内部は木で出来て居る。(井上要『伊予鉄道思ひ出はなし』)


当時の報告書には次のようにあるという。

明治二十一年六月、刺賀商会へ注文をせしレール及び付属品到着、神戸において請け取り直ちに三津ケ浜へ回漕、七月二日陸揚げせり。また機関車及び諸車も到着、八月九日陸揚げせり。


海路、神戸経由で送られて来た機関車・客車等一式は三津浜港から陸揚げされた。当時はもちろんクレーンもなく、作業はすべて人力でおこなわれた。この日、三津浜港はこれを見守る人々で人垣ができたという。

【参考文献】
井上要『伊予鉄道思ひ出はなし』伊予鉄道電気社友会 1932年9月
『伊予鉄道百年史』伊予鉄道株式会社 1987年4月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード