「松山鉄道会社」

「松山鉄道会社」は伊予鉄道の幻の社名。同社は「松山鉄道会社」の名称で発足するはずであったが、明治20年(1887)9月14日の創立総会で、「松山~」では名前が小さいとの意見が出され、伊予鉄道会社の社名となった(現在の社名は伊予鉄道株式会社)。井上要(同社第3代・第5代社長 1865―1943)の『伊予鉄道思ひ出はなし』に同日のこの創立総会の模様が伝えられている。

明治二十年九月十四日、今より四十五年の昔、此日は我伊予鉄道会社が第一回の株主総会を開き、始めて呱々の産声を目出度く実業界に誕生したときである。その時私は一株拾円の株式五つの株主として臆面もなく出席し計らずも役員に当選した。(中略)
第一回の株主総会を県会議事堂に開いたとき先づ小林翁[引用者注-伊予鉄道初代社長・小林信近 1848―1918]は一壇高き議長席から説明報告する処あり。其席を譲るや知事藤村紫朗氏が株主の一人として鉄道の効能を演説した。時に出席して居った株主は三四十人であったであらうが誰れ一人軽便鉄道を見たものもなく又知ったものもない。夫()れは其筈である。当時我国に於ては官設の鉄道僅に数十哩(マイル)あるのみ。その外には民間建設のものとして唯日本鉄道、阪堺鉄道の二会社が数十哩を運転して居るに過ぎぬ。殊に軌間二呎(フィート)六吋(インチ)の軽便鉄道なるものは我国には全然存在してゐない時代である。(中略)
元と此小鉄道は社名を松山鉄道会社と称し其敷設する線路は松山萱町二丁目の裏、則ち今の瓦斯会社附近を起点とし、一線直通、三津松原橋、則ち今の女子師範北手海岸を終点として出願し許可せられたものであって、それが則ち総会の議案であるが、私共は最も熱心に其線路の宜しきを得ざるを論難し、起点は松山湊町の西端、福正寺前、則ち今の本社所在地とし更らに三津口、則ち倉紡工場の西手に廻って道後街道との連絡を計り、三津は将来高浜に延長すべく今の三津駅に至ることに変更しなければならぬと主張して多数の共鳴を得た。けれども此線路が果して技術上敷設の可能性ありや否やは当時誰れも判断し得るものがない。則ち鉄道技術の知識者は誰一人も居ない。そこで余儀なく議事を中止し、発起人の一人たる山内清平君が急に細引を引張って実地の見通しを測りそれでよからふと意見を述べたのを頼りに此変更を決定した。さうして都筑温太郎君が松山鉄道では名前が小さい将来は伊予各地に延長する抱負で之を伊予鉄道と改称すべしと主張し、之も亦総会を通過したこと丈(だけ)を覚えて居る。(井上要『伊予鉄道思ひ出はなし』)


この創立総会では路線も、当初の「松山(萱町二丁目)―三津(松原橋)」という案が「松山(福正寺前)―三津口(萱町六丁目)―三津(住吉橋東詰)」と変更された。三津駅の位置の変更は高浜延伸を見越したものであったが、のちに実現するこの高浜延伸が契機となって三津浜に反・伊予鉄の気運が生じることになる。

【参考文献】
井上要『伊予鉄道思ひ出はなし』伊予鉄道電気社友会 1932年9月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード