「鬼は内」の豆まき

節分の豆まきで唱える「鬼は外、福は内」。江戸時代に摂津三田(現・兵庫県三田市)の領主であった九鬼家ではこれが「鬼は内、福は内」だったという。

先年のことなり。御城にて、予、九鬼和泉守隆国に問には、世に云ふ、貴家にては節分の夜、主人闇室に坐せば、鬼形の賓来りて対坐す。小石を水に入れ、吸物に出すに、鑿々として音あり、人目には見えずと。このことありやと云しに、答に、拙家曾て件のことなし。節分の夜は、主人恵方に向ひ坐に就ば、歳男豆を持出、尋常の如くうつなり。但世と異なるは、其唱を「鬼は内、福は内、富は内」といふ。是は上の間の主人の坐せし所にて言て、豆を主人に打つくるなり。次の間をうつには、「鬼は内、福は内、鬼は内」と唱ふ。(松浦静山『甲子夜話』二)


『「いき」の構造』で知られる哲学者・九鬼周造(1888-1941)の家も同様であった。

私の家では、節分の豆まきには「福は内、鬼は内」というのが昔からの習慣になっている。福よ、鬼よ、一しょにござれである。(九鬼周造「自分の苗字」)


民俗学者の五来重によると、「鬼は内」と唱える家は少なくないというから、九鬼姓の家だけの習わしではないのであろう。

世の中には鬼の子孫という家筋はかなり多くあって、「鬼は内、福は内」という豆撒きをする家もすくなくない。鬼の子孫という伝承をのちのちまでもちつたえた家筋は、多く修験山伏の家筋であるが、祖霊を鬼として表象することは、実は一般的であった。それが仏教や陰陽道の影響で邪悪な鬼となり、地獄の牛頭馬頭や餓鬼となってからは「鬼は外」と追われる鬼になった。(五来重『宗教歳時記』)



【参考文献】
『古事類苑 天部・歳時部』吉川弘文館 1976年10月
五来重『宗教歳時記』角川選書 1982年4月
『九鬼周造随筆集』岩波文庫 1991年9月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード