FC2ブログ

子規・虚子・碧梧桐-溌々園での会食

高浜虚子の『子規居士と余』(岩波文庫『回想 子規・漱石』所収)に、子規・虚子・碧梧桐の3人が三津の料亭、溌々園(三津の生簀)で会食したことを記す次のような文章がある。

三津の生簀(いけす)で居士(引用者注-子規を指していう)と碧梧桐君と三人で飯を食うた。その時居士は鉢の水に浮かせてあった興居島(ごごしま)の桃のむいたのを摘み出しては食い食いした。その帰りであった。空には月があった。満月では無くて欠けた月であった。縄手の松が黒かった。もうその頃汽車はあったが三人はわざと一里半の夜道を歩いて松山に帰った。それは、
「歩いて帰ろうや。」という居士の動議によったものであった。その帰りに連句を作った。余と碧梧桐君とは連句というものがどんなものかそれさえ知らなかったのを居士は一々教えながら作るのであった。何でも松山に帰り着くまでに表六句が出来ぬかであった。


虚子の『子規居士と余』はこの3人の会食がおこなわれた年月日を記していないが、碧梧桐の父、河東静溪(本名坤)の日記、明治25年7月22日条に「秉兒与正岡高浜二生 游于三津溌々園 正岡饋之 八時帰」とあるのがこの時の会食であったと判断される。「静溪日記」当該条は、「秉兒、正岡・高浜の二生と三津の溌々園に游ぶ。正岡これを饋す。八時帰る」と訓読するのであろう。「秉兒」は碧梧桐(本名秉五郎)のこと。「饋」は「おくる。すすめる」であるが、ここでは「おごる(正岡子規のおごり)」の意で用いているのであろう。明治25年(1892)、子規数え年26歳、この年の7月22日夕刻が『子規居士と余』に記された3人の会食の日時であった。なお、同書上引の文章に「縄手」とあるのは三津浜から三津口(現在の本町6丁目付近)までの道の通称。江戸時代、松山藩主が参勤交代に利用した道で、道の両側には松の木が植えられていた。「縄手の松が黒かった」-前記年月日の夕刻、子規・虚子・碧梧桐の3人は連句を作りながらこの道をたどり松山に帰ったのである。

【典拠文献・参考文献】
『子規全集』第9巻 講談社 1977年9月
高浜虚子『回想 子規・漱石』岩波文庫 2002年8月
清水正史『伊予の道』愛媛文化双書刊行会 2004年11月

[後記-明治25年7月22日の会食は虚子の兄の招待によるものでした。当ブログ2010年1月28日記事参照。]


テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード