松山城・ロープウェイ

▼ 松山城ロープウェイ(東雲口~長者ケ平)
DSC887718_convert_20110827125447.jpg

昭和30年(1955)8月7日開通。当時、ロープウェイは全国的にもまだ珍しかった。

城山にロープウェイを設置しようという話は昭和27年頃からあったらしく、当初は県庁西側~山頂本丸、堀之内~山頂本丸などのルートも検討されていた。東雲口からのルートは八合目の長者ケ平までしか架けることができないが、石垣を取り壊す必要がないので、このルートでの設置許可がおりた。ロープウェイのゴンドラは当初18人乗りだったが、次第に大型化され現在の50人乗りとなった。昭和47年(1972)7月にはリフトも併設された。

【参考文献】
池田洋三『新版 わすれかけの街 松山戦前戦後』愛媛新聞社 2002年6月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード