河東碧梧桐、子規に野球の指導を受ける

河東碧梧桐(秉五郎)が正岡子規の姿をはじめて見たのは7、8歳のころだった。河東家の玄関先で薪の積み込みを手伝い、碧梧桐の父(静渓)と何やら薪の貯蔵法について話をしている子規の姿、それが碧梧桐の目に映った最初の子規だった。父の静渓が子規のことを「若いのにできる男だ」とよく話していたので、碧梧桐はその後も子規の姿を見るたびに自然に頭の下がるような思いがしていたという。

碧梧桐と子規は年齢が6歳も離れていたから、言葉を交わしてつきあうようになったのは最初の出会いから数年後。親しくなるきっかけは詩や俳諧などではなく、ベースボールだった。

当時まだ第一高等学校の生徒位にしか知られていなかったベースボールを、私が習った先生というのが子規であったのだ。私の十六になった明治二十一年の夏であったと記憶する。当時東京に出ていた兄から、ベースボールという面白い遊びを、帰省した正岡にきけ、球とバットを依托したから、と言って来た。子規と私とを親しく結びつけたものは、偶然にも詩でも文学でもない野球であったのだ。それで松山のような田舎にいて、早く野球を輸入した、松山の野球開山、と言った妙な誇りをも持っているのだ。
球が高く来た時にはこうする、低く来た時にはこうする、と物理学見たような野球初歩の第一リーズンの説明をされたのが、恐らく子規と私とが、話らしい応対をした最初であったであろう。兄とは違った、何処か粋な口のききようから、暖かなやさしみを持った態度の前に、私は始終はにかみながら、もじもじしていた。団扇の柄を両手で揉むようにして煽いでいた仕種までが妙に慕しかった。(中略)
子規の家を始めて尋ねたのも、野球の一般法則を聴く約束があったからだ。当時はまだ今日のように適当な訳語もなかった。そうして聴く私には、英語の力が薄弱だった。メンバーのそれぞれの役目から、勝敗に関する複雑なコンディションを一通りわからせようとした、先生の労を多とせなければならない。(中略)何でも子規はグラウンドの詳しい図面と、メンバーの名前と、球の性質に関する表のようなものを書いてくれたので、後生大事に貰って来たことを覚えている。(河東碧梧桐『子規を語る』四「野球」)


碧梧桐はこれを明治21年(1888)のこととしているが、22年が正しい。野球を通してはじまった子規との交流。23年春にはそれが俳句を通した交流となり、碧梧桐は句作に熱意を傾けるようになる。「子規を夢に見るほどの憧れを持っていた」(同上)-碧梧桐は当時の自分をそう振り返っている。

【典拠文献・参考文献】
河東碧梧桐『子規を語る』岩波文庫 2002年6月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード