庚申庵

▼ 庚申庵(松山市味酒町2丁目)・県指定記念物(史跡)
DSCF7568_convert_20120504133832.jpg  DSCF7566_convert_20120504134811.jpg

DSCF7584_convert_20120504134005.jpg

DSCF7585_convert_20120504134128.jpg

DSCF9522_convert_20120504131732.jpg

庚申庵は松山の俳人栗田樗堂(1749-1814)の草庵。寛政12年(1800)庚申の年に建てられたのでその名がある。樗堂は酒造業廉屋七代目、町方大年寄。俳諧では加藤暁台の門下で、小林一茶とも親交があった。

三津の松田家(唐津屋)とこの栗田家(廉屋)は三代にわたる姻戚関係。松田家が三津の洲先町(須先町・現在の三津1丁目)に営んだ九霞楼という別邸の命名者は栗田樗堂であった。

【参考文献】
森元四郎『椿守り-森元四郎著作集』2003年12月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード