松山城・筒井門

▼ 筒井門
DSCF5097_convert_20120425072240.jpg

▼ 筒井門・同東続櫓
DSCF5100_convert_20120425072357.jpg

筒井門東続櫓の画像では右側に隠門(かくれもん)がある。この門に隠れていた守備兵が敵を側背から急襲する戦略。

▼ 筒井門西続櫓(左の石垣上)
DSCF1412_convert_20120425072947.jpg

▼ 筒井門西続櫓・筒井門・筒井門東続櫓
DSCF8907_convert_20120425073053.jpg

▼ 同上
DSCF3532_convert_20130326133018.jpg

▼ 戸無門(左手前)・太鼓櫓(左奥)・筒井門西続櫓
DSCF3303_convert_20130323163824.jpg

▼ 筒井門西続櫓
DSCF8898_convert_20120423135727.jpg

▼ 筒井門(画像左端は隠門)
筒井門DSCF9683_convert_20120420081958

▼ 同上
DSCF3541_convert_20130326133812.jpg

▼ 同上
DSCF3600_convert_20130326115908.jpg

筒井門は本丸大手筋防衛の中核をなす櫓門。慶長の築城時の筒井門は、正木城(松前城)から移築されたもので、門の棟木には「慶長七(二字欠)年四月マサキヨリウツス也」と墨書されていた(二字欠は慶長七年の干支「壬寅」と推定)。昭和24年(1949)2月、放火のため焼失。46年(1971)3月、栂材を用いて復元。

▼ 松前町筒井の路上に残る筒井門の柱の礎石(同町指定有形文化財)。ここにあった正木城(松前城)の筒井門が松山城に移された。
DSCF4317_convert_20110728110302.jpg

同じ道数メートル先の矢野地蔵の下にも筒井門の柱の礎石がある。松前町には同門のこの二つの礎石と筒井という地名が残る。

【参考文献】
日下部正盛『加藤嘉明と松山城』愛媛新聞サービスセンター 2010年9年

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード