『なじみ集』-伊予小富士の句

正岡子規の選句稿『なじみ集』。子規なじみの人々の句を集録したこの書には、故郷松山の子規なじみの風景、伊予小富士を詠んだ句がある。

日永さやいつまでこゝにいよの富士
瀬戸落す舟もかすむや小ふじ山

「日永さや~」は大原其戎(きじゅう)、「瀬戸落す~」は森連甫(れんぽ)の句である。其戎は子規が唯一の師と仰いだ俳諧の宗匠、連甫はその高弟。二人はともに三津の住人である。

DSCF1803_convert_20120331160337.jpg

三津浜からの伊予小富士。興居島の南に聳える標高282mの山。山容が富士山に似ているので小富士の名がある。「日永さや~」も「瀬戸落す~」も春の小富士の光景。小富士は穏やかで明るい伊予の典型的な風景の一つである。

『なじみ集』はながく所在が不明であったが、近時出現して話題となった。子規集録のこの書の巻頭を飾るのは、大原其戎の20句。つづいて森連甫の36句。次に其齢1句、夢大(宇都宮丹靖)7句、仙女6句、江左(林江左)4句とつづいた後、其戎の長男、其然の20句が掲載されている。其戎、連甫、其然、この三人の三津の俳人は子規にとっては故郷の先達といえる存在、かれらの句によって子規は懐かしい故郷の風光を想い起こしていたのかもしれない。

【典拠文献・参考文献】
「なじみ集」翻刻版編集会編『「なじみ集」翻刻版』松山市立子規記念博物館 2012年3月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード