FC2ブログ

松山藩主の花畑が町名の由来「花園町」

DSCF1656_convert_20150129143151.jpg

伊予鉄道松山市駅から南堀端交差点に至る大通り一帯は花園町の町名。藩政時代、「藤原御花畑」という藩主の別墅があったことからその町名になったという。「藤原御花畑」は東七十一間半・南七十間半・西七十一間半・北七十間、蓮池が二つあり、東は杉林になっていた(『垂憲録拾遺』)。花畑というときれいに聞こえるが、ときにはそこで罪人の処刑などがおこなわれることもあった。

同(注-寛文三年二月)廿七日、藤原御花畑にて御ためし者一人これあり。(『垂憲録拾遺』)

同(注-寛文十一年)二月七日、藤原御花畑にて死罪者四人御覧として出御。死罪御覧の儀、前後毎々これあり。御腰物等、御持たせにて御切らせあそばさる。(同上)


上に示した事例はいずれも藩主定長(1640-1674)の時代。「ためし」というのは、刀剣の切れ味を試すために罪人などを斬る「試し斬り」のことである。

藩主の花畑と称されるものはこの「藤原御花畑」のほかにも、「吟松庵」(東西一町・南北三町半)、「石手御花畑」(東百十五間・西百三十間・南百七十九間・北百三十八間)、「正宗寺裏御花畑」(北六十一間半・東四十一間・南二十八間・西六十六半)、「道後御茶屋」(南二十間半・東九間半・北二十一間半・西四十五間)などがあったという。

【参考文献】
伊予史談会編集発行『垂憲録・垂憲録拾遺』 1986年1月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

松山城・馬具櫓改修工事中

DSCF1721_convert_20150206080138.jpg

本丸広場の馬具櫓、改修工事中。看板には「外部改修その他工事」とある。

DSCF1756_convert_20150206080216.jpg

本丸の東側でも工事。「防災設備等整備工事(消火設備・緊急車両用道路)」。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

松山城の尾谷に藩の軍用金

松平定行(1587-1668)が藩主であった時代、松山城の尾谷に藩の軍用金が入った金箱が置かれていたという。

勝山様(注-松平定行)御代、御城内尾谷に御軍用金あり。土台の上に金箱を積み、取葺きに屋根ありて、四方壁なく、その箱をあらわし、同所に御勘定所ありて見透しにてありしとなり。その後、いづれの御代にか御土蔵できしとなり。(『垂憲録』)


「取葺きに屋根ありて、四方壁なく」というから、粗末な屋根と四本柱だけの建物だったのだろう。中が丸見えのこの建物にその金箱が無造作に積まれていた。当時、勘定所がそばにあったので、そうした保管の仕方でも問題はなかったようである。

DSCF1705_convert_20150205182430.jpg

二之丸北側のこの石垣の上の平地が尾谷であったのだろう。『垂憲録』の上の記述によると、定行の時代にはこの尾谷に軍用金の金箱も勘定所もあったことになる。

【参考文献】
伊予史談会編集発行『垂憲録・垂憲録拾遺』 1986年1月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

松山城「尾谷門」跡・「中門」跡

DSCF1696_convert_20150208121133.jpg

松山城の「尾谷門」跡。「尾谷門」は「黒門口登城道」の「黒門」「栂門」「槻門」につづく4番目の門であった。本丸本壇入口の「一ノ門」とほぼ同規模の門であったという。この「尾谷門」の先の平地には番所、土蔵、作業小屋などがたちならんでいた。

DSCF1710_convert_20150208121233.jpg

「尾谷門」につづく第5の門が「中門」(別名・塩見門)。藩政時代の石畳がそのまま残っている上の画像の辺りにこの「中門」があった。「中門」は「尾谷門」よりやや小ぶりの門であったという。

「黒門口登城道」の入口からこの「中門」跡までは300mほどだが、その間に5棟もの門があった。この道は藩政時代、山頂本丸への正規の登り道であっただけに厳重な構えとなっていた。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

松山神社

松山市祝谷東町の松山神社。

DSCF1798_convert_20150211101503.jpg

注連石の文字は三輪田米山76歳のときの書で「大順成徳」。

DSCF1955_convert_20150220124637.jpg

石段参道わきにある高浜虚子の句碑。「しろ山の鶯来啼く士族町 虚子」。

DSCF1934_convert_20150220124600.jpg

同じく石段参道わきにある酒井黙禅の句碑。「東風(こち)の船高浜に着き五十春 黙禅」。

DSCF1806_convert_20150211101711.jpg

DSCF1808_convert_20150211101737.jpg

松山神社の社殿6棟は元治2年(1865)の建築。市指定文化財。江戸末期の高度な建築技術を示す社殿群だという。

DSCF1813_convert_20150211101831.jpg

この神社の祭神は東照大権現(徳川家康)と天神(菅原道真)。神社の旧称は「東照宮」で葵の紋がある。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード