「東京にては男女ともおめでとうという……」

東京で学生生活をはじめた正岡子規が同地の正月で驚いたのは男女とも「おめでとう」と言うことだった。故郷松山では母親から「おめでとう」は女子の言葉で、男はただ「めでとう」とだけ言うものだと教えられていた。

明治十七年は初めて東都に居候の正月を迎へぬ。(中略)東京の正月も貴顕参朝の外には竹飾りの少し風の変りたると「おめでたう」といふ言葉のみ珍しく覚えぬ。余幼かりし時阿嬢(注-母の意)教へたまひけるは「おめでたうとは女子の語なり男は只めでたうと許(ばか)りいふべし」と余も男なれば其教に従ひ来れるを東京にては男女ともおめでたうといふ。さては東京は物事めゝしき処よと感じぬ。(正岡子規「新年二十九度」)


「旧年中はいろいろお世話になり~」などと言うのは商人だけだったとも子規は述べている。

我邦にては「新年おめでたう」と申して、何の恙も無く新年に取りついたといふ、現在の境遇を祝し候へども、西洋にては「君が幸福なる新年を望む」と申して未来の幸福を祈る由に御座候。(中略)然るに饒舌なる都人は此簡単なる祝辞に満足せずして附録を附け申候。それは「新年おめでたうございます、旧冬はいろいろお世話様に預りましてあり難う存じます、今年も相変らずお頼み申します」といふ意味を言葉短く申事に候。(中略)私の郷里にては、昔は、商人のみ旧冬云々の挨拶を述べ、士分以上は只「新年めでたう」といふばかりなりし由申候。さも潔く思はれ候。他藩にも同例多かるべくと存候。(正岡子規「消息」ホトトギス第3巻第4号 明治33年1月10日)


森鴎外の史伝『伊沢蘭軒』には次のような記述。

天保八年は蘭軒歿後第八年である。此年の元旦は、阿部家(注-備後福山藩)に於ては、新主正弘の襲封初度の元旦であった。正弘は江戸邸に於て家臣に謁を賜ふこと例の如くであったが、其間に少しく例に異なるものがあって、家臣の視聴を驚かした。
先例は藩主出()でて席に就き、前列の重臣等の面(おもて)を見わたし、「めでたう」と一声呼ぶのであった。然るに正弘は眦(まなじり)を放って末班まで見わたし、「いづれもめでたう」と呼んだ。新に添加せられたのは、唯「いづれも」の一語のみであった。しかし事々皆先例に遵(したが)ふ当時にあっては、此一語は能く藩士をして驚き且喜ばしめたさうである。(森鴎外『伊沢蘭軒』その二百四十四)


備後福山藩主の元日の祝辞は例年「めでとう」。藩主に限らず武士たるものは全国どこでも「めでとう」と言っていたのであろう。

【参考文献】
『子規全集』第12巻(随筆2)講談社 1975年10月
『鴎外選集』第8巻 岩波書店 1979年6月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

前田伍健、正月の川柳

正月が早いと思う歳になり


DSCF6631_convert_20131213125705.jpg

ヱーナモシ道後の初湯しんとろり


DSCF7770_convert_20131213112617.jpg

温泉()あがりの目へ初春の天守閣


前田伍健(1889-1960)は高松市の生まれ。本名久太郎。伊予鉄道宣伝部に勤務し、松山に定住。当地の川柳界を代表する存在で、書画にも巧みであった。宴会芸の「野球拳」を創始したことでも知られる。

【参考文献】
前田欣一郎編『伍健句集 野球拳』伍健句集刊行会 1962年3月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

「のどかな春」

正岡子規の高祖父(曾祖父の父)にあたる人は名を一甫といい、松山藩に「お茶坊主」として仕えていた。茶道に心をゆだねた風流な人で、毎年、年賀の際には一枝の寒梅を袖に挿し「のどかな春でございます」と挨拶してまわっていたという。

余が玄祖父(注-高祖父の意)は正岡一甫といふてお茶坊主の役をしたまひき。(中略)翁が正月礼にまはる時には必ず一枝の寒梅を袖にして「のどかな春でございます」といひ給ひしとか。(正岡子規『筆まかせ』第一編「玄祖父」)


司馬遼太郎の『坂の上の雲』では、「のどかな」というような心境が子規のあこがれであるとして、この一甫の逸話が紹介されている。

かれ(注-子規)の本来の気持は、かれ自身すきな日本語のひとつである、
「のどかな」
というふうな心境にあこがれていた。ついでながら、子規の玄祖父にあたるひとは松山藩のお茶坊主で、一甫といった。初春の回礼に知人の家々をまわるとき、かならずえりに寒梅の枝を挿し、
-のどかな春でございます。
といってまわったという。子規はこのいくぶんこっけいな、しかし駘蕩とした城下の春を感ずるエピソードがすきで、友人たちによく話した。そののどか好きの子規が、芽ばえの苗をみながら、花のさく年を待っている。(『坂の上の雲』「子規庵」)


子規の有名な句に「春や昔十五万石の城下哉」。のどかな城下の時代の松山に思いをはせた句であるが、これを詠んだとき子規は高祖父一甫をそののどかな時代の体現者として思い浮かべていたかもしれない。

【参考文献】
『子規全集』第10巻(初期随筆)講談社 1975年5月
司馬遼太郎『坂の上の雲(二)』(新装版)文春文庫 1999年1月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

『坊っちゃん』に出る「角屋」と「枡屋」

夏目漱石の『坊っちゃん』に「温泉の町」(道後)の「角屋」「枡屋」なる宿屋が登場する。

「さうか、大抵大丈夫だらう。それで赤シャツは人に隠れて、温泉()の町の角屋へ行って、芸者と会見するさうだ」
「角屋って、あの宿屋か」
「宿屋兼料理屋さ。だからあいつを一番へこます為には、彼奴が芸者をつれて、あすこへ這入り込む所を見届けて置いて面詰するんだね」
「見届けるって、夜番でもするのかい」
「うん、角屋の前に枡屋と云ふ宿屋があるだらう。あの表二階をかりて、障子へ穴をあけて、見て居るのさ」(『坊つちゃん』十)

山嵐は(中略)温泉の町の枡屋の表二階へ潜んで、障子へ穴をあけて覗き出した。(中略)宵から十二時過迄は眼を障子へつけて、角屋の丸ぼやの瓦斯灯の下を睨めっきりである。(中略)
角屋から出る二人の影を見るや否や、おれと山嵐はすぐあとを尾けた。(『坊つちやん』十一)


この「角屋」は道後商店街L字角の「かど半」、「枡屋」はその向かいにあった「島屋」であるという。

昔、「遊びは別府、湯治は道後」といわれ、道後は、湯治場としての自炊宿・商人宿、四国八十八か所の遍路宿の並ぶ町として知られ、(中略)湯の町の中心には、「三浦屋」「金竹」「すし元」「かど半」「くしや」「島屋」「国中」「寿美屋」「桜屋」「今治屋」「小川」「とらや」などの古い宿の看板が並んでいた。(中略)その中には「島屋」・「かど半」が小説「坊っちゃん」ゆかりの宿として旅行者の眼を引いたこともある。(『愛媛県史 地誌Ⅱ(中予)』)


坊っちゃんと山嵐が楯こもった枡屋がいま竹細工の土産物を売ってゐる島屋で、その向ひの角屋とあるのがもちろん角半であらう。(曾我正堂『伊予の松山と俳聖子規と文豪漱石』)


「かど半」は旅館業から転身して現在は土産物店。店の看板には「夏目漱石 坊っちゃんゆかりの店 かど半本舗」とある。「島屋」は竹細工店に転身するもすでに廃業、現在はローソン道後ハイカラ通店となっている。

▼ 道後商店街(通称「道後ハイカラ通り」)駅前入口
DSCF6750_convert_20131207125404.jpg

道後温泉駅前から道後温泉本館前までの短い商店街。そのL字角に「かど半本舗」がある。

【参考文献】
曾我正堂『伊予の松山と俳聖子規と文豪漱石』三好文成堂 1937年4月
愛媛県史編纂委員会編『愛媛県史 地誌Ⅱ(中予)』1984年3月
『漱石全集』第2巻 岩波書店 1994年1月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

道後温泉「玉の石」

DSCF6580_convert_20131206082702.jpg

道後温泉本館北側にある「玉の石」。この温泉の力で蘇った少名彦名命(すくなひこなのみこと)が立ち上がって地を踏みつけた跡がこの石の上に残っているという。→2011年6月24日記事参照。

DSCF6581_convert_20131206082839.jpg

石の上部にあるくぼみが少名彦名命の足跡といわれるもの。

DSCF6591_convert_20131206083045.jpg

「玉の石」手前の石柱には「伊豫の湯の汀(みぎわ)にたてる霊(たま)の石これぞ神代のしるし成(なり)ける」の古歌が彫られている。

DSCF6587_convert_20131206082939.jpg

陽炎や苔にもならぬ玉の石 正岡子規

陽炎や幾世古りにし玉の石 酒井黙禅



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード