ドストエフスキー「幼年時代の思い出ほど尊いものはない」

ドストエフスキーの小説『カラマーゾフの兄弟』-この作品のなかほどで、ゾシマ長老は「幼年時代の思い出ほど尊いものはない」という。

わたしが親の家から持って出たものは、尊い思い出だけだった。なぜなら人間にとって、親の家ですごした幼年時代の思い出ほど尊いものはないからだ。家庭内にたとえほんの少しでも愛と結びつきがありさえすれば、ほとんど常にそうだと言ってよい。どんなにひどい家庭でも、こちらの心が尊いものを求める力さえあるなら、尊い思い出がそっくり残ることはありうるのだ。(第二部第六編「ロシアの修道僧」)


この作のエピローグでは、アリョーシャがまた同じような発言をしている。

いいですか、これからの人生にとって、何かすばらしい思い出、それも特に子供のころ、親の家にいることに作られたすばらしい思い出以上に、尊く、力強く、健康で、ためになるものは何一つないのです。君たちは教育に関していろいろ話してもらうでしょうが、少年時代から大切に保たれた、何かそういう美しい神聖な思い出こそ、おそらく、最良の教育にほかならないのです。そういう思い出をたくさん集めて人生を作りあげるなら、その人はその後一生、救われるでしょう。そして、たった一つしかすばらしい思い出が心に残らなかったとしても、それがいつの日か僕たちの救いに役立ちうるのです。(「エピローグ」)


子供のころのすばらしい思い出……だが、それは懐旧の念に浸るためのものではない。自己の「物語」とでもいうべきものを見出して「人生を作りあげる」ためのもの、思い出はそのためのものである。

人間が生きてゆくためには自己の「物語」、個人の「神話」というものが必要であるという。

人間は「物理」だけでは生きてはいけない生きものだ。この世に生きていくためには、片方に「物語」という証明不可能な世界が、どうしても必要なのである。(中略)人は「物語」を信じて生きる。そしてその「物語」を信じて死へおもむくのである。(五木寛之『元気』)


現代においては、各人は自分にふさわしい個人神話を見出す努力をしなくてはならない。(中略)生きることそのものが神話の探求であり、神話を見出そうとすることが生きることにつながると言うべきであろう。(河合隼雄『神話と日本人の心』)


人生の前半はその「物語」を醸成する期間、後半はその「物語」によって意味づけられた生を受容してゆく期間であるといえるかもしれない。

【典拠文献・参考文献】
河合隼雄『神話と日本人の心』岩波書店 2003念7月
原卓也訳『カラマーゾフの兄弟(中)』新潮文庫(改版)2004年1月
原卓也訳『カラマーゾフの兄弟(下)』新潮文庫(改版)2004年1月
五木寛之『元気』幻冬舎 2004年4月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

明治28年10月2日の正岡子規

明治28年(1895)10月2日-この日、正岡子規は午後より一人で松山の南郊を吟行、「真宗の伽藍いかめし稲の花」「花木槿(はなむくげ)雲林先生恙(つつが)なきや」「我見しより久しきひょんの木実哉」「寺清水西瓜も見えず秋老いぬ」などの句を詠んだ。

▼ 「真宗の伽藍いかめし稲の花」(拓川町・相向寺)
CIMG3162_convert_20120924091815.jpg

句は中之川の真宗寺院・蓮福寺を詠んだものであるが、句碑は同じ真宗ということに因んで拓川町の相向寺に建てられた。

▼ 浦屋雲林邸跡(柳井町2丁目)・「花木槿雲林先生恙なきや」
DSCF0821_convert_20120923204406.jpg

浦屋雲林(1840-1898)は旧松山藩士。漢詩文に巧みで、子規も詩作の指導を受けた。雲林邸は敷地約700坪で、庭園には210坪もの大きな池があり、清水が湧き出ていたという。邸は雲林没後、料亭「亀の井」となったが、今は空き地。

▼ 「我見しより久しきひょんの木実哉」「寺清水西瓜も見えず秋老いぬ」(泉町・薬師寺)
DSCF0833_convert_20120923200344.jpg

句は薬師寺境内のヒョン(木の名称)と泉を詠んだもの。ヒョンはイスノキ(マンサク科の常緑高木)のことで、子規が「木実」と思って詠んだのは、この木の葉にできる「虫こぶ」(植物体に昆虫が産卵・寄生することによってできる植物組織の異常発育部分。虫癭ともいう)であったから、子規は後日「木実哉」を「茂哉」と改めた。子規が句に詠んだこのイスノキは今ものこっており、市の天然記念物に指定されている。「寺清水」と詠んだ同寺の泉は現存しない。

▼ 薬師寺境内のイスノキ(市指定天然記念物)とその「虫こぶ」
DSCF0844_convert_20120923200856.jpg

DSCF0843_convert_20120923200700.jpg

イスノキの「虫こぶ」は、成虫が飛び出した後に穴があき、笛のように吹くとヒョウヒョウと鳴るので、木にヒョンの名がついたという。

▼ 同寺境内の句碑「寺清水西瓜も見えず秋老いぬ」「我見しより久しきひょんの茂哉」
DSCF0836_convert_20120923200455.jpg

「我見しより」は改作後のものが刻まれている。

【参考文献】
松山市教育委員会編『俳句の里 松山』松山市役所 1994年4月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

津和地島

▼ 忽那諸島の西端の島、津和地島(つわじ-)
面積2.89k㎡・人口432人・世帯数213(平成23年6月現在)
DSCF1617_convert_20120815082645.jpg

DSCF1621_convert_20120815082738.jpg

DSCF1735_convert_20120918190326.jpg

DSCF1649_convert_20120815082947.jpg

津和地島は瀬戸内の海上交通の要衝にあたる島で、古くより港町として発展、江戸時代には松山藩の公儀接待所である「お茶屋」が置かれていた。山内譲『中世 瀬戸内海の旅人たち』にこの島についての記述がある。

津和地では、宝暦九年(一七五九)に「干鰯頼母子(ほしかたのもし)」という名前で富くじが始まっている。富くじは松山藩が周辺の有力商人に興行権を与える形で行われ、興行権を請け負った商人は一定の運上銀を藩に納めた。富くじのほかに島々の港町が内海の船乗りたちをひきつけたのは遊女の存在である。津和地の遊女については記録が残されていないが、古老の話では明治時代まで存続していたというから、客寄せの面で一定の役割を果たしていたことは間違いないであろう。(中略)
津和地の例でみると、舟を迎えるにあたって島の人々が最も気を使ったのは、幕府の公用船である。江戸と長崎の間を上り下りする長崎奉行やその配下の役人たち、諸国を視察してまわる巡見使、幕領を支配する幕府代官などが頻繁に立ち寄るようになった。変わったところでは、朝鮮通信使の往来がある。(中略)津和地は通信使の公式の接待所ではなかったが、それでも五〇〇人近い大使節団が七十余艘の船を連ねて移動するのであるから、「御馳走御用」は大変であった。(山内譲『中世 瀬戸内海の旅人たち』「中世の航路と港」)



▼ 常燈の鼻(常燈堂跡)
DSCF1629_convert_20120815082855.jpg

寛永14年(1637)、松山藩が津和地港東端の出崎に設置した常燈堂の跡地。市指定記念物(史跡)。常燈は現在の灯台にあたる灯籠で、番所に常時2名の火番(不寝番)がいて点灯したという。

【参考文献】
山内譲『中世 瀬戸内海の旅人たち』吉川弘文館 2004年1月


大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

港の風景・三津浜(11)

▼ 三津浜港(内港)
DSCF0914_convert_20120928135145.jpg

▼ 中島汽船「なかじま」
DSCF0891_convert_20120928144530.jpg

▼ 松山港外港・第2埠頭
DSCF0886_convert_20120928144430.jpg

▼ 県漁業取締船「せとかぜ」
DSCF0674_convert_20120918185408.jpg

▼ 内港船溜まり
DSCF0410_convert_20120815121545.jpg

▼ 同上
DSCF0740_convert_20120917192819.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

港の風景・三津浜(12)

▼ 巡視船「いさづ」
DSChhhhF0344_convert_20120812190159.jpg

▼ 海面清掃船兼油回収船「いしづち」
DSCF0767_convert_20120917192015.jpg

▼ 「きんゆう丸」
DSCF0657_convert_20120918184955.jpg

▼ 「太陽丸」
DSCF0664_convert_20120918185047.jpg

▼ 「いさづ」(左)・漁業取締船「白鷺」(右)
DSCF0909_convert_20120928135256.jpg

▼ 「第八十三東洋丸」
DSCF0904_convert_20120928144752.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード