「ところさん」と呼ばれていた子規

正岡子規の幼名は当初、処之助(ところのすけ)。父常尚が親しくしていた藩の鉄砲師がつけた名であったが、のちにこれを升(のぼる)と改めた。処之助という名は近親者の誰もが気に入らなかったと母八重は述べている。

うぶ名は、倅の父の懇意にして居た人に、鉄砲の師役をして居る竹内一兵衛といふ人が御座いましたが、此人の内には女の子ばかり出来て男子がないから、私(竹内)が一つ付けてあげようと云うて、処之助とつけたのでした、が良い名でないというて誰も誰も此名は気に入りませんでした。学校へゆく様になると皆がトコロテントコロテンといふであらうといって、それで後から升(のぼる)と改(か)へたのでございます。(正岡八重・談「子規居士幼時」)


子規の外祖父大原観山は、子規の誕生時、京都に滞在中であった。生まれた孫の幼名が処之助であることを手紙で知らされた観山は、珍しい名でよいとは思うが、呼ぶときに困るのではないかと述べている。

正岡にも安産の儀、此間阿部のたよりに被申越候処、安産やらどふやら分り不申、いかゞと、あと事ながら気遣候処、此度之御状に而、至而やすき事も承知いたし、よろこび申候。孫は処之助と竹内和尚名呉候よし、めづらしき名に而、よろしく候得ども、よぶときによびがたきにこまり可申候。(大原観山が京都から妻重〈しげ〉・次男佑之丞の両人に宛てた手紙)


柳原極堂の『友人子規』には、乳幼児の頃の子規が「ところさん」と呼ばれていたという記述がある。

一色氏(注-子規の生家近くに住んでいた一色則之という人)は又曰ふ、曾祖母に当るお婆さんが「処(ところ)さん」を抱いてその垣(注-子規生家の垣)の外に立ってゐるのをよく見うけたものであると。当時子規は処さんと呼ばれてゐたさうだ。(柳原極堂『友人子規』「俳聖誕生の地」)


四、五歳の頃、名を升(のぼる)と改めてからは「のぼさん」と呼ばれるようになったが、いちど廃されたこの処之助の名を子規はのちにペンネームとして復活させている。「越智処之助」。子規は『日本人』誌上に文学評論の筆を執るときは越智処之助という名称を用いた。近親者からは不評であった処之助の名も、子規にとっては愛着のあるものだったのであろう。

【典拠文献・参考文献】
柳原極堂『友人子規』前田出版社 1943年2月
『子規全集』別巻2(回想の子規1)講談社 1975年9月
石丸和雄訳注・和田茂樹解説『大原観山遺稿 解説編』愛媛文学叢書刊行会 1982年4月
柴田宵曲『評伝 正岡子規』岩波文庫 1986年6月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

大原観山「三津解纜」

正岡子規の外祖父、大原観山(本名有恒)の漢詩「三津解纜」。天保9年(1838)、観山21歳の時の作である。同年、観山は故郷松山を離れ、江戸に赴いて昌平黌に学んだ。

三津解纜
離郷数里便羇情
強倚篷窓把酒觥
贏得同行皆旧識
三医一士両書生

三津解纜
郷を離るること数里にして便(すなは)ち羇情(きじゃう
強()ひて篷窓(ほうさう)に倚()りて酒觥(しゅくわう)を把()る
同行はみな旧識なるこを贏()ち得たり
三(みた)りの医 一(ひと)りの士 両(ふた)りの書生


「三津」は松山の西に位置する港町。「解纜」は纜(ともづな)を解く意。船が出帆すること。「羇情」は旅人の思い。「蓬窓」はとまぶきの小舟の窓。「酒觥」は酒杯。「旧識」は古くからの知り合い。昔なじみ。

【典拠文献・参考文献】
『蕉鹿窩遺稿』愛媛文化叢書刊行会 1982年6月
石丸和雄訳注・和田茂樹解説『蕉鹿窩遺稿 解説編』愛媛文化叢書刊行会 1982年6月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

夏目漱石と道後温泉

小説『坊っちゃん』の記述(道後は「住田」の名で出る)

此住田と云ふ所は温泉のある町で城下から汽車だと十分許(ばか)り、歩行(ある)いて三十分で行かれる、料理屋も温泉宿も、公園もある上に遊廓がある。(中略)おれはこゝへ来てから、毎日住田の温泉へ行く事に極めて居る。ほかの所は何を見ても東京の足元にも及ばないが温泉丈(だけ)は立派なものだ。折角来た者だから毎日這入ってやろうと云ふ気で、晩飯前に運動旁(かたがた)出掛ける。(中略)温泉は三階の新築で上等は浴衣をかして、流しをつけて八銭で済む。其上に女が天目へ茶を載せて出す。おれはいつでも上等へ入這入った。(中略)湯壺は花崗岩を畳み上げて、十五畳位の広さに仕切ってある。大抵は十三四人漬ってゐるがたまには誰も居ない事がある。深さは立って乳の辺まであるから、運動の為めに、湯の中を泳ぐのは中々愉快だ。おれは人の居ないのを見済ましては十五畳の湯壺を泳ぎ巡って喜こんで居た。所がある日三階から威勢よく下りて今日も泳げるかなとざくろ口を覗いて見ると、大きな札へ黒々と泳ぐべからずとかいて貼りつけてある。湯の中で泳ぐものは、あまり有るまいから、この貼札はおれの為めに特別に新調したのかも知れない。おれはそれから泳ぐのは断念した。(『坊っちゃん』三)



以下、漱石の書簡

道後温泉は余程立派なる建物にて八銭出すと三階に上り茶を飲み菓子を食ひ湯に入れば頭まで石鹸で洗って呉れるといふ様な始末随分結好に御座候。(明治28年5月10日付狩野亨吉宛)


松山に居た頃の事を思うとまるで夢のように候。一度はまた遊びに行きたき感もこれあり。道後の湯は実にうれしきものに候。(明治38年5月8日付村上霽月宛)


松山へ御帰りの事は新聞で見ました。(中略)何だかもう一遍行きたい気がする。道後の温泉へも這入りたい。あなたと一所に松山で遊んでゐたら嘸(さぞ)呑気な事と思ひます。(明治41年7月16日付高浜虚子宛)


近来俳句を作らず。作ろうとしても出来かね候。道後の湯へでもつからねば駄目と存じ候。(明治41年7月27日付村上霽月宛)


夏目漱石が在松時代(明治28年4月から1年間)愉しみとしていたのは道後温泉へ行くことであった。当時の教え子真鍋嘉一郎は漱石が「毎日半里の温泉まで通った」と述べている(漱石全集別巻所収「夏目先生の追憶」)。

▼ 道後温泉本館
DSCF0006_convert_20120813112617.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

足尾銅山鉱毒事件と田中正造

明治時代の足尾銅山鉱毒事件―栃木県の足尾銅山から排出される鉱毒は、渡良瀬川流域の農漁業に深刻な被害をもたらし、人体にも影響をおよぼすようになった。同県選出の衆議院議員田中正造は、議会で銅山の操業停止を政府に求めたが、政府はこれに応じなかった。議会での活動では効果がないと判断した田中は、議員を辞職し、明治天皇に直訴を試みたが、果たせなかった。のち政府は渡良瀬川の洪水防止と鉱毒沈殿のために遊水池を造ることとし、栃木県の谷中村を廃村として住民を移転させ、同村にこれを建設した。しかし、田中はこの政策を不服とする住民とともに谷中村に残り、大正2年(1913)に死去するまでここに住みつづけて政府に抗議した。

その田中正造の日記、明治45年6月17日条には、次のような言葉が記されている。

真の文明ハ山を荒さず、村を破らず、人を殺さゞるべし。


同日記、44年5月14日条には、「人ハ万事の霊(注-霊長の意)でなくもよし、万物の奴隷でもよし、万物の奉公人でもよし」とあり、「人ハただ万事万物の中に居るものにて、人の尊きハ万事万物に反(そむ)きそこなはず、元気正しく孤立せざるにあり」とある。人間は自然の中の一員として存在しているのであるから、自然と調和して生きて行かなければならないというのがその主張であった。

田中正造、今日9月4日がその命日である。

【典拠文献・参考文献】
由井正臣・小松裕編『田中正造文集(二)』岩波文庫 2005年2月
石井進・五味文彦・笹山晴生・高埜利彦『詳説日本史 改訂版』山川出版社 2007年3月
佐藤信・五味文彦・高埜利彦・鳥海靖編『詳説日本史研究 改訂版』山川出版社 2008年8月
小松裕『全集 日本の歴史 第14巻 「いのち」と帝国日本』小学館 2009年1月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

周防大島松山フェリー「しらきさん」

DSCF0104_convert_20120805165823.jpg

DSCF1410_convert_20150105073354.jpg

DSCF0365_convert_20120812113551.jpg

DSCF0642_convert_20141112110336.jpg

周防大島松山フェリーの「しらきさん」。
柳井~伊保田~松山(三津浜)間を運航。

船名は周防大島(屋代島)の「白木山」(標高374m)によるもの。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード