「伊号第三十三潜水艦慰霊碑」(興居島)

DSCF0053_convert_20111029190918.jpg

DSCF0055_convert_20111029082528.jpg

伊號第三拾三潜水艦慰霊碑
昭和拾九年六月拾参日本艦は太平洋戦場に出撃の為め
呉出港伊豫灘で急速潜航運動中不慮の災禍に會ひ由利
島南方水深六拾壹米の海底に沈み百余の英霊は艦と共
に九年の長い間海底で悲しみの日を過されたが呉市北
星舩舶工業株式會社の犠牲的努力と地元有志の協力を
得て此地点沖で浮揚作業の効成り慰霊の祭典を営み多
数遺家族の方々と無言の對面が出来たことを記念し其
霊を慰める為め此処に記念の碑を貽す
昭和貳拾八年六月二十一日 愛媛縣知事 久松定武
                   建立者呉市北星舩舶工業株式會社長 又場常夫
                   建立協力者愛媛縣遺族會々長 久松定武
                   愛媛縣興居島村々長 三喜長太郎
                   愛櫻會々長 曾禰章


興居島の御手洗(みたらい)にある「伊号第三十三潜水艦慰霊碑」。太平洋戦争中の昭和19年(1944)6月13日に起こった「伊号第三十三潜水艦」沈没事故の犠牲者を追悼して建てられた碑である。事故は伊予灘での急速潜航訓練中に起こったもので、由利島と青島の中間付近の水深約60mの海底に艦が沈没、乗員104名中、102名が死亡した。沈没の原因は、給気筒からの海水の浸入。呉工廠での修理中に円材が給気筒内に落ち込んで頭部弁の間にはさまり、弁の閉鎖を妨げていたために、その間隙から海水が浸入したのであった。戦時中、この事故は軍によって秘匿されたが、昭和28年(1953)、引き揚げ作業がおこなわれて、興居島の御手洗海岸に曳航された。収容された遺体のうち13体は浸水を免れた前部兵員室で、無菌・真空の冷凍状態にあったため、ほぼ生前のままの姿であったという。

この事故の顛末と引き揚げ作業の詳細を記録した小説に吉村昭の『総員起シ』がある。同小説の冒頭の一節、

私が一隻の潜水艦に強い関心をいだいたのは、六葉の写真を眼にしてからだった。
秋風の立ちはじめた頃、知人のN氏が珍しい遺体写真があるが見る気はないか、と私に言った。(中略)遺体は、生きたままさながらの姿で印画紙に焼きつけられているという。


六枚の遺体写真を眼にしたのが作者の同小説執筆の動機であった。これらの写真は中国新聞社の記者が撮影したものであったが、余りにも生々しいものであったために新聞には掲載されなかったという。

【典拠文献・参考文献】
吉村昭『総員起シ』文春文庫 1980年12月
『愛媛県百科大事典』上巻(大野毅執筆「伊号33潜水艦沈没」の項)愛媛新聞社 1985年6月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

山下亀三郎「秋山真之参謀の最期」

秋山真之は山下亀三郎の小田原の別荘に滞在中、虫垂炎に腹膜炎を併発して急逝した(大正7年〈1918〉2月4日)。山下亀三郎は山下汽船の創業者、秋山の親友である。秋山の死を自身の別荘で看取った山下は、後年「秋山真之参謀の最期」という一文を草し、その死の模様について語っている。以下、その文章の一部。

天気晴朗にして波高し、舷々相摩し戦機決すとの戦況報告が、連合艦隊秋山参謀の名文たることは世間に知られた事実だが、その秋山真之は大正七年二月四日、我が小田原の対潮閣に滞留中病を得て斃れた。私はその同窓の森山慶三郎、佐藤鉄太郎と云ふ海軍中将等と共に、遺骸を守って東京に帰ったことを今も忘れて居らぬが、この秋山とは、私の近親古谷久綱を通じて、大尉時代に赤坂の三河屋で呑んだのが始まりで、彼の最後まで、真に兄弟以上の交はりをして居った。
私は俗人だから、役人をして居る友人を呼び捨てにすることなどなく、君とも言はず、さんと云ふのが私の本領だが、秋山だけは君を飛び離れて互に呼び捨てゞあった。(中略)
秋山の人物を批評するのは私の柄でないと思ふから一切言はないが、対潮閣の二階の病床で、その最期に至り、大声を発して我国の将来を語り、「我死して我国をどうする」と云った言が今も耳に響いて居る。
恰度その時に、後に大将で男爵になって死んだ白川義則氏が、人事局長か何かで少将だったと思ふが、隣室に控へて聞いて居った。その白川君も既に亡くなったから、それを聞いた者はもう私一人だ。さうして、そのあとで又眼を開いて、「山下、何も頼むことはないが、子供のことをね」と言ったから、「そんなことは安心しとれ」と言ったのが最後だった。今は、その形見の兄の方は山下汽船会社に、弟の方は浦賀船渠会社に働いて居る。(「秋山真之参謀の最期」昭和15年7月3日)


「我死して我国をどうする」――秋山真之は日本の将来を危惧しつつ世を去った。その公式の伝記にも臨終の場で、「今日の情態のまゝに推移したならば我国の前途は実に深憂すべき状態に陥るであらう。総ての点に於て行詰を生じ恐るべき国難に遭遇せなければならないであらう。俺はもう死ぬが、俺に代って誰が今後の日本を救ふか」と語った旨が記されている。日本の中国進出が拡大しつつあった時代、このままでは欧米列強との戦争になると秋山は予見していたのであろうか。

【典拠文献・参考文献】
山下亀三郎『沈みつ浮きつ[地]』山下秘書部 1943年
秋山真之会編著『秋山真之』(復刻版)マツノ書店 2009年4月(原本1933年刊)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村


テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

山下亀三郎「秋山好古大将の風貌」

秋山真之の親友であった山下亀三郎(山下汽船創業者)は、秋山好古とも親交があった。山下は好古については次のように述べている。

同郷の秋山好古大将は秋山真之の兄さんであったが、最初秋山真之と交りを結ぶ頃には未知の人だった。
初めて好古氏に会ったのは、同氏が少将として騎兵監であった頃と思ふが、九州辺へ旅行でもする時の汽車の中であったかのやうに記憶する。いきなり自分が名刺を出すと、大きな、一種の奥深いやうな眼をギョトギョトさせ、「ウン君が山下か。弟と余り酒など呑んで歩いてはいかんよ」と、頭からかうだ。私は少々むっとしたが、肚を抑へて、「いづれ又お目にかゝる」と言って、神戸で下車した。
それ以来、秋山真之と親交を続けるにつけて、何時とはなしに好古氏とも非常なる懇親を重ねて家庭的にも相往来し、真之と同様の交際をすることになった。其の後、真之が我が小田原の別荘で危篤に陥った時は、好古氏は演習行軍中で、その出先から「行けぬ宜しく頼む」といふ電報一本を受取ったゞけであった。
同氏は全く武弁一点張りともいふべき人格者であって、陸相たり又は支那派遣軍の司令官たりし白川義則氏の如き、私が現に最も親しくつき合って居る清水喜重中将の如きは、全く秋山好古氏に育成されたもので、大将としては教育総監が最後の役目だったと思ふが、予備になられた後は、郷里松山の私立北予中学の校長として数年間を過された。郷里の住宅は、秋山兄弟が産湯を上げた家で、百年前の貧乏士族の家として建築されたものである。これを私等が今現に生存して居る井上要といふ友人に協力して、記念の為にその家を保存し、今日は秋山好古、秋山真之の銅像と共に、この家も松山の名所の一つとなって居る。(以下略)(「秋山好古大将の風貌」昭和16年3月4日)


真之危篤のしらせに、「行けぬ宜しく頼む」との電報一本の返信、いかにも好古らしいエピソードである。
CIMG2810_convert_20110918132550.jpg
「秋山兄弟生誕地」(松山市歩行町)・母屋の座敷
好古が晩年、住んでいた当時の秋山家の座敷を再現したもの。
掛軸には好古の筆で「人事有憂楽 山光無古今(人事に憂楽あり。山光に古今なし)」とある。

【典拠文献・参考文献】
山下亀三郎『沈みつ浮きつ[地]』山下秘書部 1943年

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

興居島・由良

興居島
面積8.47k㎡・人口1389人・世帯数726(人口・世帯数は平成23年6月現在)
DSCF5454_convert_20110907205522.jpg

↓ 由良港
DSCF6255_convert_20111027122804.jpg

↓ 由良港停泊中のフェリー「あいらんど」。由良~高浜間を往復運航(所要時間約15分)。
DSCF9739_convert_20111027123904.jpg

↓ 常夜灯と金毘羅を祀る小祠が由良港内にある。
DSCF9725_convert_20111027124206.jpg

↓ 由良小学校跡。二宮金次郎の銅像がある。
DSCF6370_convert_20111027130131.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

昭和5年11月4日、秋山好古死去

昭和5年(1930)11月4日、秋山好古死去。下はその死を伝える新聞記事。

秋山大将逝く 軍医学校で加療中
後備陸軍大将秋山好古氏は去月二十日糖尿病と脚部の脱そ病のため牛込区戸山町の陸軍軍医学校に入院。去る一日右足切断の大手術後経過良好ならず遂に四日午後七時十分逝去した。行年七十二。
日露戦争の勇将
秋山将軍は安政六年正月を以て生れ、明治十二年騎兵少尉に任ぜられ、大正五年陸軍大将に累進し十二年予備役となる。日清役には騎兵第一大隊長として出征し功四級金鵄勲章を賜はり北清事変には清国駐在参謀長として功三級を賜はり、日露役には騎兵第一旅団長として出征し、「秋山騎兵隊」の名を世界にとどろかし功二級を賜った勇将で、明治三十九年騎兵監となり、第十三師団長、近衛師団長、朝鮮駐在司令官、教育総監、軍事参議官に親補せられたが、予備役となってからは故郷松山に帰り、市有力者の懇望により大正十三年春から私立北予中学の校長に就任した。もっとも将軍は大阪の師範学校卒業生で小学校教員の免状を持ってゐるので教育界とは全然関係がなかった訳ではない。中学校長としての将軍はヒンデンブルグとあだ名され郷党子弟の崇拝を集め全国中学校長等と議論も戦はす程であった。因みに海軍の智恵袋といはれた故秋山真之少将は将軍の令弟に当る。(昭和5年11月5日付「朝日新聞」)


秋山好古大将 本郷大将に抱かれ昨夜軍医学校で逝く
後備役陸軍大将秋山好古氏は左脚部脱疽と糖尿病を病んで去月十五日から陸軍々医学校に入院、女婿の土肥博士、原田軍医正看護のもとに治療中であったが、病状次第に悪化し、去る一日左大腿部を切断したが、経過わるく容体急変、遂に四日午後七時十分逝去したが、同家では九時十分逝去の旨発表した。享年七十二。危篤の報と共に多美子夫人、慶大在学中の二男次郎君、長女よし子嬢を初め白川前陸相、志岐幼年学校長、久松伯夫妻を初め近親や友人が枕頭に駆けつけた。閑院元帥殿下には同日午後特に和田御付武官を御差遣あらせられ御見舞のお言葉を賜はった。五日朝三菱小樽支店勤務の令嗣信好氏帰京と共に遺骸を赤坂区丹後町一の自邸へ運ぶ筈であるが四日夜は軍医学校で通夜した。(以下略)(昭和5年11月5日付「毎日新聞」)


道後の鷺谷墓地には秋山好古の墓がある。
DSCF2493_convert_20110916130234.jpg
「永仰遺光(永く遺光を仰ぐ)」とある。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード