FC2ブログ

愚陀仏庵(1)-『坊っちゃん』の「萩野」

明治28年(1895)4月、夏目漱石は中学の英語教師として松山に赴任した(翌年春まで在松)。当初、漱石は三番町の城戸屋旅館に宿泊していたが、ほどなく一番町の愛松亭に移り、6月には二番町の上野義方邸の離れに住まいを移した。漱石、松山時代の寓居「愚陀仏庵」というのはこの上野義方邸の離れのことである[注]。

上野義方は二百石取りの松山藩士だった人で、維新後は当地の豪商米九の家宰をしていた。漱石を下宿人として迎えたころは七十歳近くの老人で、夫人と長女、およびその長女の娘である孫と暮らしていた。上野義方はその家族と平屋造りの母屋に住み、隠居所として建てた二階建ての離れを漱石に貸した。その離れは上下とも四畳半と六畳の二間造りとなっており、母屋とは廊下でつながっていた。

漱石の小説『坊っちゃん』では、二番町のこの上野義方邸は「萩野」の名で出る(三番町の城戸屋旅館は「山城屋」、一番町の愛松亭は「いか銀」として出る)。小説ではこの「萩野」は老夫婦の二人暮らしとされ、次のように描かれている。

その夜から萩野の家(うち)の下宿人となった。(中略)こゝの夫婦はいか銀とは違って、もとが士族だけに双方共上品だ。爺さんが夜になると、変な声を出して謡をうたふには閉口するが、いか銀の様に御茶を入れませうと無暗に出て来ないから大きに楽だ。御婆さんは時々部屋へ来て色々な話をする。どうして奥さんをお連れなさって、一所に御出でなんだのぞなもしなどゝ質問をする。(中略)萩野の御婆さんが晩めしを持ってきた。(中略)見ると今夜も薩摩芋の煮つけだ。こゝのうちは、いか銀よりも鄭嚀で、親切で、しかも上品だが、惜しい事に食ひ物がまづい。昨日も芋、一昨日も芋で今夜も芋だ。おれは芋は大好きだと明言したには相違ないが、かう立てつづけに芋を食はされては命がつづかない。 (『坊っちゃん』七)


近藤英雄著『坊っちゃん秘話』によると、この芋の煮つけのくだりは事実を反映するものではないという。食物の豊かな松山では芋の煮つけをおかずにしたりはしないと、同書では次のように述べている。

当時芋は一貫目(三・七キロ)が三銭から五銭まで、米一キロ八銭、芋一キロなら一銭五厘くらいの割合の値段であった。芋はむしろおやつにするのが普通で、米作の出来ない瀬戸内海の孤島では芋を米食の代用としたが、松山のような都会で毎晩のように煮つけをおかずにするなどは考えられない。この地方は、魚類が豊富で安いから、つつましい老夫婦の家庭でも芋をおかずにしたりはしない。それほど最低に近い食べ物をたべさせたということは、漱石の誇張した文章のいたずらであろうが、上野の婆さんの冤(ぬれぎぬ)をそそいでおいてあげたいと思う。


漱石は上野の離れで芋の煮つけばかり食べさせられたわけではなかったようである。明治28年の8月27日、漱石が住んでいたこの上野の離れに正岡子規がころがりこんで来た。子規は病気療養のために同月25日に帰郷していたのだが、実家はすでに松山になく、伯父の家に二晩泊まってから、漱石のもとに移り住んだ。以後、子規・漱石の二人は五十余日にわたってこの上野の離れで起居をともにする(階下に子規、二階に漱石が住んだ)。この間、漱石は子規の俳句熱に影響され、盛んに句作をするようになった。愚陀仏は当時の漱石の俳号、この俳号により上野の離れを「愚陀仏庵」と称したのである。

愚陀仏は主人の名なり冬籠 漱石




[注]-上野義方邸(二番町八番戸、現在の二番町3丁目)は戦災で焼失。跡地は現在、駐車場。愚陀仏庵跡を示す石碑がたっている。石碑の碑表には「夏目漱石仮寓愚陀仏庵趾」、碑陰には「夏目漱石松山中学校教師として松山市二番町八番戸上野氏邸に寓す その居を愚陀仏庵と称す 明治廿八年正岡子規帰松して起居を共にすること五十余日に及べり 昭和廿六年九月 子規五十年祭祝賀会建之」とある。愚陀仏庵の建物は一番町、萬翠荘裏に復元されたが、昨年夏、豪雨による土砂崩れのため全壊した。

【典拠文献・参考文献】
柳原極堂『友人子規』前田出版社 1943年2月
『子規全集』第22巻(年譜 資料)1978年10月
近藤英雄『坊っちゃん秘話』青葉図書 1983年11月
『漱石全集』第2巻 岩波書店 1994年1月
秦郁彦『漱石文学のモデルたち』講談社 2004年12月

CIMG2018_convert_20110406133959.jpg
愚陀仏庵跡

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

愚陀仏庵(2)-「新文学の発祥地」

漱石は明治28年(1895)8月27日から五十余日にわたって、愚陀仏庵で子規と同居したときのことを後年、次のように語っている。

なんでも僕が松山に居た時分、子規は支那から帰って来て僕のところへ遣って来た。自分のうちへ行くのかと思ったら、自分のうちへも行かず親族のうちへも行かず、此処に居るのだという。僕が承知もしないうちに、当人一人で極めて居る。御承知の通り僕は上野の裏座敷を借りて居たので、二階と下、合せて四間あった。上野の人が頻りに止める。正岡さんは肺病だそうだから伝染するといけないおよしなさいと頻りにいう。僕も多少気味が悪かった。けれども断わらんでもいいと、かまわずに置く。僕は二階に居る、大将は下に居る。其うち松山中の俳句を遣る門下生が集まって来る。僕が学校から帰って見ると、毎日のように多勢来て居る。僕は本を読む事もどうすることも出来ん。尤も当時はあまり本を読む方でも無かったが、兎に角自分の時間というものが無いのだから、止むを得ず俳句を作った。(「談話」ホトトギス11巻12号 明治41年9月1日)


漱石は子規が無断で下宿にころがり込んで来たと述べているが、事実は違い、漱石のほうから子規に同居を促したのであった。「止むを得ず俳句を作った」というのも事実ではなく、子規の影響をうけて俳句に開眼した漱石が積極的に句作に励んだのであった(当ブログ2009年4月29日記事参照)

日本の近代文学の巨頭となる子規・漱石が同居し、ともに句作に励んだ愚陀仏庵。柳原極堂はこの二人の愚陀仏庵時代の思い出として次のようなことを語っている。

ある日、自分がいつものように愚陀仏庵にいってみると、隣の部屋で子規と漱石が話をしていた。おたがいに、東京に出て大いに日本の文学を興そうではないかと、抱負を語りあっているのであった。自分はふすまのかげでそれを聞いて心をうたれた。この時のふたりの誓いがやがて実現されたのだから、愚陀仏庵は、日本の新しい文学の発祥地として大切にされなければならぬ。(和田茂樹編『子規と周辺の人々』よりの引用)


子規・漱石の二人は愚陀仏庵で、日本文学の新天地を切りひらくべく、互いの思いを語りあったのであった。子規・漱石がのちに作り出す多彩な作品群は、この愚陀仏庵での二人の文学熱が巨大なエネルギーとなって結晶化したものであったともいえるであろう。愚陀仏庵はそうした意味で、「日本の新しい文学の発祥地」だったのである。

明治28年10月19日、子規は東京に帰るべく三津浜港を出航した。子規にとっては五十余日におよんだ愚陀仏庵での生活が郷里での最後の日々となった。漱石は翌年の春まで松山にとどまる。

行く我にとどまる汝(なれ)に秋二つ


郷里出立に際しての子規の惜別の句。前書きには「漱石に別る」とある。

【典拠文献・参考文献】
『子規全集』第22巻(年譜 資料)1978年10月
和田茂樹編『子規と周辺の人々』(増補版)愛媛文化双書刊行会 1993年9月
『漱石全集』第22巻 岩波書店 1996年3月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

愚陀仏庵(3)-久保より江

明治28年9月、上野義方の邸に夏休みの終わった孫娘(義方の次女の娘)の宮本より江が帰って来た。より江は「色の小黒いキッと引締まって見るからに利発さうな顔」(柳原極堂『友人子規』)をした小学生。上野の離れ(愚陀仏庵)に下宿している漱石・子規とも当然、顔見知りになる。後年、より江は「照葉狂言がすきだというのでいつも連れて行って下すった。句会の末座にかしこまった夜もあった」[注]と回想しているから、漱石・子規にはかわいがられたのであろう。漱石の小説『吾輩は猫である』に登場する「雪江さん」はこのより江がモデルになっているともいう。29年の春、漱石は愚陀仏庵での生活を終え、松山を去ることになった。漱石になついていたより江はその出立を三津浜港で見送っている。

より江は早くから文学に興味をもち、ホトトギス派の俳人となった。結婚して久保姓となり、福岡在住時には当地社交界の華と目される存在であったという。より江の句を一句あげておこう。

ねこに来る賀状や猫のくすしより


飼い猫のかかりつけの「くすし(医師)」より猫宛てに年賀状が来たというおかしみのある句。このユーモアのセンスは愚陀仏庵時代の漱石・子規の感化によるものだろうか。


[注]-より江は、子規については「正岡先生の方はおめし物から帽子まで覚えています。うす色のネルに白縮緬のへこ帯、ヘルメット帽」、漱石については「文学士というえらい肩書の中学校の先生が離れにいらっしゃるという事を子供心に自慢に思っていた」「一度夜二階へお邪魔をしていて、眠くなって母家へ帰ろうとしますと、廊下におばけが出るよとおどかされた」「松山を御出立の前夜湊町の向井へおともして買っていただいた呉春と応挙と常信の画譜は今でも持っております」などとも回想している。

【典拠文献・参考文献】
柳原極堂『友人子規』前田出版社 1943年2月
和田茂樹編『子規と周辺の人々』(増補版)愛媛文化双書刊行会 1993年9月
高浜虚子『回想 子規・漱石』岩波文庫 2002年8月
大岡信『折々のうた 三六五日 日本短詩型詞華集』岩波書店 2002年12月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

愚陀仏庵(4)-柳原極堂の記述

子規の親友、柳原極堂が愚陀仏庵(上野義方邸)について述べていることを下に引いておくことにしよう。極堂はその著『友人子規』の中で次のように記している(①②…の番号は引用者の付加)。

①上野の家は今も猶昔のまま現存してゐる。二番町と三番町とをつなぐ横町が四本ある。其最も東の横町を二番町の本通から三番町の方へ曲って少し行くと、東側に更科蕎麦と看板をかけた蕎麦屋がある。其すぐ北隣で西向きに櫺子窓格子戸造りの軒端の低い相当古びた平家がある。それが当時の上野の家で今は持主が変ってゐる。

②上野義方といふ人は旧松山藩の士族で当時六十幾歳七十にもなってゐたらうか、背のスラリとした色つやの良い上品な老人で、頭は綺麗に剃り落してゐた。松山の富豪「米九」の支配人を勤めてゐるのだと聞いてゐた。其配偶の老媼と中年の婦人と其婦人の子でお君さんと呼ばるゝ色の白い十四五歳の娘と都合四人家内で、炊事など家内の世話は専ら其中年婦人が任じてゐたやうに見うけた。

③子規が上野に漱石と同居して後約一ケ月もして上野家にもう一人寄宿者が殖えた。十二三歳の少女で松山高等小学の生徒だといふことであった。義方の二女が松山の士族宮本某に嫁し、其一家は今西条町近くの某鉱山に居るが、其娘は学校の都合で松山に居残り、祖父の家に寄寓してゐるのである。(中略)其の少女こそ今日のホトトギス派女流俳人久保より江夫人であることを近頃になって予は承知したのであった。

④其久保より江夫人が書いた上野家の当時の間取図が、昭和六年九月発行の雑誌「同人」に掲げられてゐる。母家は茶の間玄関の間をこめて都合五室、離れは上下共に四畳半と六畳の二室づゝになってゐて、母家から離れへ廊下がつゞいてゐる、予の実見した記憶もそれに相違ない。

⑤上野の家の表格子を入って子規の居室に通るに、我々としては外玄関、内玄関、茶の間の各内庭を通って炊事場井戸場へ出(い)で、其処の三尺口から裏庭に出て離れへ取つくのだが、其間格子戸や障子と凡そ三四回開閉せねばならぬやうに出来てゐるのだから、コソコソと誤魔化して通ってしまふわけに行かぬ。それも時偶(ときたま)ならまだしもだが、我々日参組の二三人は毎日で而も昼夜更めて出かけるのだから、上野の家族に対して少なからず気兼をしたものであった。此家の通り庭にはなんで斯う沢山な戸が必要なのかなどと愚痴をこぼしたこともあった。

⑥漱石は二階に、子規は階下に居り、我々松風会員が子規の間(ま)に運座を開いたといっても、多い時で十名の上にのぼる事は稀であって、普通は五六名、少い時は二三名に過ぎぬ。加之(しかのみならず)病人に世話になってゐるのだから、各自慎んで大声をあげるとか騒ぐとかいふ様なことは少しもない。常に至極静粛であった。

⑦愚陀仏庵では毎日のやうに俳会が開かれ、子規の懇切なる指導を受けたものであるが、其の教を受くる者等の熱心は固(もと)よりながら、病余の身を以て後輩の指導に尽さるゝ子規の熱意は寧ろそれ以上であった。我々は常に子規の熱心に引ずられがちであった。十数名の松風会員中で、愛松、梅屋、三鼠及び予などは日参組と称せられて毎日のやうに通ったものであったが、そのうちでも予の如きは午後二三時から一回出かけ晩景から復(ま)た再び出懸け、上野の勝手の庭を一日に四回遁過せざるを得ざりしため、前にも言った如く上野に対してそれが気の毒でたまらなかったが、子規は我々を歓迎して少も厭な顔を見せないため、それに勇気を得て此難関を毎日突破してゐた。


①1943年の『友人子規』刊行当時、上野義方邸は往時のまま残っていたようである。「軒端の低い相当古びた平家(平屋)」というのが上野邸の母屋で、漱石はその母屋と廊下でつながる離れに住んでいた。昭和の戦災で建物は焼失。跡地は現在、駐車場となっている。
⑤に「我々日参組の二三人」とあるのは、松風会会員の中村愛松、大島梅屋、岡村三鼠(子規の母方の叔父)、柳原極堂らのこと。⑦に「愛松、梅屋、三鼠及び予などは日参組と称せられて」云々とある。「松風会」というのは、明治27年3月に松山高等小学校教員中村愛松、野間叟柳、伴狸伴らの主唱で発足した子規派俳句最初の地方結社である。
⑥で述べられているのは、夏目漱石が雑誌「ホトトギス」に発表した「談話」で「松山中の俳句を遣る門下生が集まって来る。僕が学校から帰って見ると、毎日のように多勢来て居る。僕は本を読む事もどうすることも出来ん。尤も当時はあまり本を読む方でも無かったが、兎に角自分の時間というものが無いのだから、止むを得ず俳句を作った」と語っていることへの反論である。極堂は漱石が「面白く読ませようといふ文章のあやから事実を曲げてゐる」と述べている。

【典拠文献・参考文献】
柳原極堂『友人子規』前田出版社 1943年2月
『漱石全集』第22巻 岩波書店 1996年3月
和田茂樹『子規の素顔』愛媛県文化振興財団 1998年3月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村




テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

『坊っちゃん』のバッタ事件

夏目漱石の小説『坊っちゃん』にバッタ事件と呼ばれる挿話がある。宿直を仰せつかった坊っちゃん先生が寝ようとすると、蒲団の中にバッタが数十匹……寄宿生たちのいたずらであったというもので、小説の本文には次のようにある。

何だか両足へ飛び付いた。ざらざらして蚤の様でもないからこいつあと驚いて、足を二三度毛布(けっと)の中で振って見た。するとざらざらと当ったものが、急に殖え出して脛が五六ケ所、股が二三ケ所、尻の下でぐちゃりと踏み潰したのが一つ、臍の所迄飛び上がったのが一つ―愈(いよいよ)驚いた。早速起き上って、毛布をぱっと後ろへ抛ると、蒲団の中から、バッタが五六十飛び出した。(中略)漸くの事に三十分許(ばかり)でバッタは退治た。箒を持って来てバッタの死骸を掃き出した。小使が来て何ですかと云ふから、何ですかもあるもんか、バッタを床の中に飼っとく奴がどこの国にある。間抜(まぬけ)め。と叱ったら、私は存じませんと弁解をした。存じませんで済むかと箒を縁側へ抛り出したら、小使は恐る恐る箒を担いで帰って行った。
おれは早速寄宿生を三人ばかり総代に呼び出した。すると六人出て来た。六人だらうが十人だらうが構ふものか。寝巻の侭(まま)腕まくりをして談判を始めた。
「なんでバッタなんか、おれの床の中へ入れた」
「バッタた何ぞな」と真先の一人がいった。やに落ち付いて居やがる。此学校ぢゃ校長ばかりぢゃない、生徒迄曲りくねった言葉を使ふんだらう。
「バッタを知らないのか、知らなけりゃ見せてやらう」と云ったが、生憎(あいにく)掃き出して仕舞って一匹も居ない。又小使を呼んで、「さっきのバッタを持ってこい」と云ったら、「もう掃溜(はきだめ)へ棄ててしまひましたが、拾って参りませうか」と聞いた。「うんすぐ拾って来い」と云ふと小使は急いで馳け出したが、やがて半紙の上へ十匹許り載せて来て「どうも御気の毒ですが、生憎夜で是丈(これだけ)しか見当りません。あしたになりましたらもっと拾って参ります」と云ふ。小使迄馬鹿だ。おれはバッタの一つを生徒に見せて「バッタた是れだ、大きなずう体をして、バッタを知らないた、何の事だ」と云ふと、一番左の方に居た顔の丸い奴が「そりゃ、イナゴぞな、もし」と生意気におれを遣(や)り込めた。「篦棒(べらぼう)め、イナゴもバッタも同じもんだ。第一先生を捕まへてなもした何だ。菜飯(なめし)は田楽(でんがく)の時より外に食ふもんぢゃない」とあべこべに遣り込めてやったら「なもしと菜飯とは違ふぞな、もし」と云った。いつ迄行ってもなもしを使ふ奴だ。 (『坊っちゃん』四)


近藤英雄著『坊っちゃん秘話』によると、漱石が赴任していた松山中学ではこれに似た出来事が実際にあったらしい。同書は漱石の同僚教師であった中堀貞五郎の宿直中にこの事件が起こったとして次のように述べている。

県下の遠方より来る生徒のために三四十名を収容し得る寄宿舎が、校庭の西北の隅に建てられていた。寄宿生が夏の夕食後などに、運動場の片隅で馬鹿話などをしていると大きなバッタが沢山飛んでいた。誰かがこれを舎監室の床に入れてやろうやといったら、皆手をうって賛成賛成といった。
或晩に舎監室の寝床に入れた。その晩は地理、理科の一字一句もおろそかにしない綿密先生といわれる中堀貞五郎が宿直であった。背が短くて歩く時に肩を左右に一寸坊が歩くようにコットリコットリ歩くのでコットリさんと綽名されていた。コットリさんがランプを消して蚊帳に入ったらビックリ仰天、バッタ責め、小使に寄宿生を呼びにやった。結局寄宿生の頭目らしき者四、五名が大目玉をちょうだいしたが、舎内の出来ごととして口外せず、暗やみに葬られた事件があった。


『坊っちゃん』のバッタ事件はこの一件をもとにおもしろおかしく脚色したもののようである[注]。前記書によると、イナゴ・バッタの呼称をめぐる珍妙なやりとりの部分は、次のような漱石自身の体験がもとになっているらしい。

またあるとき英語の時間に、教室で偶然にイナゴが教壇のあたりを飛んでいたので生徒が笑った。漱石はそれを見てなんだバッタかといった。お婆とあだ名されている生徒がおせっかいにも、「先生、それイナゴですゾ」といった。漱石はイナゴもバッタも同じだろうと言い返すと、「先生、バッタとイナゴは違うぞナモシ」と大まじめに説明した。


この「お婆とあだ名されている生徒」というのは松山中学明治34年卒の松本博邑である。彼はのちに神戸商船の社長となった。バッタ事件の実際の被害者、中堀貞五郎はきわめて真面目な人柄で、松山中学では地理、物理などを教えていた。教師退職後は京都で文具店を開いたが、店に不健全と思われるような雑誌は一切おかず、学生らがその種の雑誌がないかと問い合わせたりすると引きとどめて懇々とさとしたという。『坊っちゃん』に出る「うらなり君」のモデルは一説によると、この中堀であるともいう。意外な事実だが、中堀は正岡子規の妹、律の二度目の結婚相手でもあった(当ブログ2010年12月8日記事参照)


[注]-バッタを捕ってきたのは阿部新という生徒であった。上級生の命令で捕ってきたという。後年、阿部は次のように語っている。「坊っちゃんのモデルについて問うたことがありますが、先生(漱石のこと)は手を振って答えられませんでした。坊っちゃんの中のバッタ事件のバッタは私がとってきたのです。『イナゴをちょっと獲ってこい。』といって状袋の大きいのをくれました。上級生の命令だから断ったらやられるので獲ってきたのです。十五、六匹とりました。小説には五、六十匹とあり、先生にそれをただしますと、『あれは小説だから。』と笑っていられました」。

【典拠文献・参考文献】
服部嘉香「子規の母と妹」(『子規全集』第11巻「月報」1 1975年4月)
近藤英雄『坊っちゃん秘話』青葉図書 1983年11月
『漱石全集』第2巻 岩波書店 1994年1月
秦郁彦『漱石文学のモデルたち』講談社 2004年12月
松原伸夫『「坊っちゃん」先生 弘中又一』文芸社 2010年8月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村


テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード