子規、真之の交遊

明治17年(1884)9月、松山出身の二人の青年、正岡子規(1867-1902)と秋山真之(1868-1918)はそろって東京大学予備門に入学した。正岡子規は学校にほど近い神田猿楽町、板垣善五郎方に下宿住まいをした。明治19年の春、秋山真之がこの板垣方に転居し、二人は同居生活をはじめることになった。近くには同じ松山出身の柳原正之(極堂 1867-1957)も住んでいて、三人でよく落語・講談の寄席通いをしていたという。後年、柳原が書き記していることだが、寄席では、「秋山はずいぶん乱暴であった」という。「気に食わぬ芸人が高座にあらわれるとダメダメ退却退却などと叫びはじめる。そのうち我々の持っている下足札を集めてカチカチガタガタと妨害をする。居士(子規)等もその尻馬に乗って相当秋山に加勢をする。こうなると他のやじ馬も各所から応援をはじめるので、たいていの芸人は兜を脱いで中途、楽屋に引きさがってしまうのであった」―この時、子規は数え年で20歳、秋山は19歳、もう大人といってもいい年齢であるが、無邪気で明るかったいかにも明治時代の青年らしいエピソードである。

子規、真之は遊んでばかりいたわけではない。ある晩、寄席から帰ると二人は、今日は徹夜で勉強しようと相談し、落伍して先に眠った者が翌日なにか奢ることにしようと約束した。その晩、子規はついに机上に眠り伏してしまったが、秋山は眠ることなく勉強をつづけた。翌日、柳原正之が子規の部屋を訪ねてみると、机の横の壁に、机上に伏して眠ってしまったとおぼしき人の姿が、鉛筆で輪郭をとって描かれている。柳原が秋山にあれはなにかと問うと、秋山は「正岡の寝姿だ。僕が昨夜、輪郭をとっておいたのだ。いかに強情な正岡もこうしておけばぐうの音も出ないだろう」といって、呵々大笑したという。秋山真之は当時、宵のうちは友人たちと盛んに遊び、深夜から明け方にかけて猛勉強する習慣があった。負けず嫌いの子規はこれになんとか対抗しようと努力したが、ついにかなわなかった。子規は「秋山は偉いね」とよく褒めていたそうである。

子規、真之の同居生活は柳原によると、ほんの2、3か月ほどであったという。秋山真之は子規との同居後、東京大学予備門を自主退学し、海軍兵学校に入学することになる。海軍の軍人となる道を選び、いったん松山に帰省することとなった秋山に子規は

海神(わたつみ)も恐るる君が船路には灘の波風しづかなるらん
いくさをもいとはぬ君が船路には風ふかばふけ波たゝばたて


という二首の歌を贈っている。これに対し秋山は

送りにし君がこころを身につけて波しずかなる守りとやせん
こころせよきみはなれにし武蔵野もなほ是よりはあつさまされば


という二首の歌でもって答えている。ともに文学に志のあった子規、真之。真之はその志をみずから葬り去った。二人はこの歌の贈答を境としてそれぞれ全く別の道を歩むことになる。

【参考文献】
柳原極堂『友人子規』前田出版社 1943年2月
柳原極堂「子規の〈下宿がへ〉に就て」(『子規全集』第10巻所収「参考資料」講談社 1975年5月)
『子規全集』別巻3 講談社 1978年3月
『子規全集』第22巻 講談社 1978年10月
田中宏巳『秋山真之』吉川弘文館 2004年9月

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

子規ただ一度の其戎訪問

明治20年(1887)7月下旬のある日、夏季休暇で松山に帰省していた正岡子規(当時数え年21歳)は、親友、柳原極堂(子規と同年齢)をともなって、三津の俳諧の宗匠、大原其戎(きじゅう 当時76歳)の家を訪れた。子規の随筆『筆まかせ』に「俳句を作るは明治二十年、大原其戎宗匠の許に行きしを始めとす」、「余が俳諧の師は実に先生を以てはじめとす。而して今に至るまで未だ他の師を得ず」とあるように、大原其戎は子規にとって唯一の俳諧の師である。

子規はこの日の其戎訪問の模様について、あまり具体的には書きのこしていない。『筆まかせ』に「明治二十年の夏、余勝田氏の紹介を得て始めて先生に謁す。先生体皃可魁偉、年已に八十に垂(なんな)んとす。(中略)然れども応接は懇切に礼儀は鄭重に而して其中犯すべからざる所あり」と書き記している程度である。当日の模様を比較的詳細に書き記しているのは、同行した極堂の方である。極堂はその著『友人子規』の中で、其戎訪問の模様を次のように述べている。

此夏に予も偶々帰省していたが(中略)一度子規を訪問すべき予は其玄関に入ると、今ちょうど三津ケ浜の大原其戎といふ宗匠をたづねるべく出掛けるところだが、暇があるなら君も同行してはどうかと云ふことであったから、其儘子規と連れだって三津ケ浜に向った。未だ汽車の出来ない頃だから、往復三里を話しながらテクテク歩いたものだが、何を話し合ったか少しも記憶がない。
三津ケ浜の何町であったか覚えていないが、店は呉服屋であった。其処が其戎の宅と教へられて、其店に名刺を通ずると、隣へ廻ってくれとのことで、一応店を出て隣へ這入り直した。隣と云っても仮に入口を別にしたままで、家は一つであったように覚えている。通されたのは六畳位の二階で、其壁といはず、襖といはず、天井に至るまで俳諧に関する文書類で、貼りつめられて一杯だ。各地方より寄せし風交上の消息なども、だいぶん交っているようであった。
其処へ現れたのが七十以上と思はれる背の高い上品な老人、頭はつやつや光っていた。是れぞ宗匠大原其戎であるとはすぐ覚り得られた。極めて真面目で、おちついて言葉もすくなく、しかも鄭重な其応接ぶりに対しては、我々は余計な口がきけず、子規は早速予て用意の句稿、それは半紙一枚に十句ばかりの俳句をしたためたものを懐中から取り出して、其批評を需めたが、其戎は徐ろに紙面に目を通した後、至極結構に出来ていますと云ひつつ句稿を返して、暫く何も言はないので子規は、又季のことに就て一二質問を試み、匆々帰り仕度を始めた頃、何日頃東京へ御帰りになりますかなどと少々愛嬌を言っていた。此訪問時間は三十分を越ゆることはない、至ってアッサリした簡単な会見であった。



子規が其戎を訪問したのは明治20年7月のこの日ただ一回だけであった。翌月末には、子規は松山を発って東京に戻っている。其戎が死去したのは明治22年3月31日、この間、子規は一度も松山に帰省していない。子規がただ一回の訪問で其戎を「俳諧の師」といっていることを、極堂は当初「甚だ変に感じた」(『友人子規』)という。だが、其戎が死去するまでの間に、子規が書簡を通じて何度も其戎の指導を仰いでいたことを知るに及んで、当初感じた不審は「自ずから氷解した」(同)と述べている。

講談社刊『子規全集』第22巻所収の「年譜」をみると、子規宛ての其戎書簡が7通、其戎宛ての子規書簡が1通あることが確認されているから、実際にはこれ以上の数の書簡のやり取りが両者の間にあったものと思われる。書簡を通しての教示という形ではあったが、其戎はたしかに子規の「俳諧の師」であったのである。

子規、唯一の俳諧の師、大原其戎は文化9年(1812)5月18日、三津浜に生まれた。本名沢右衛門。通称熊太郎。四時園を名のる其沢(松山藩御船手大船頭。綿・麻織物を扱う太物商)の長男。父の跡を継いで二世四時園となり、その息、其然が三世を継ぐ。万延元年(1860)、大可賀に芭蕉の「あら株塚」をたてて上洛、七世桜井梅室の門に入り、二条家から宗匠の免許を受けた。その後、郷里に帰って俳諧の結社、明栄社を興し、全国でも3番目に古い月刊俳誌「真砂の志良辺」(明治13年1月創刊)を発行した。同誌に投句した俳人は関東から九州にまで及び、その数は804人(県内608人・県外196人)に達している。

子規は其戎の死の翌年、其戎の経歴や受け取った書簡等について、追悼の意をあらわした文章を記し、「我郷里に俳諧の盛んなる実に先生の力与(あずか)りて大なりといふべし」と述べて、其戎の功績を称えている(『筆まかせ』)。

【付記】 「大原其戎居宅の跡」の石碑が現在、三津2丁目にあるが、其戎の居宅が実際にあったのは三津1丁目の石崎汽船本社ビルの裏側であったらしい(森元四郎「大原其戎の墓碑銘」)。この石碑の傍らには「花之本大神 敬へばなほもたゞしや花明り」の其戎の句碑と、「芭蕉翁塚 しぐるゝや田のあら株のくろむほど」の松尾芭蕉の句碑(あら株塚)とがある。芭蕉の句碑は元来、大可賀にあったもの。三津大可賀公園(大可賀1丁目)には其沢、其戎父子の墓碑がある。其沢の墓碑には「大原氏 其澤之塚 造作なふ共に消えけり雪仏」とあり、其戎の墓碑には「宗匠四時園其戎翁之墓 明月や丸うふけゆくものゝ影」とある。

『筆まかせ』に「明治二十年の夏、余勝田氏の紹介を得て始めて先生に謁す」とあるように、子規の其戎訪問は勝田主計(明庵・宰洲 のちに大蔵大臣・文部大臣をつとめる)の紹介によるものであった。其戎は主計の祖母の実兄に当たる。

昭和9年(1934)に発表された森連翠の論稿「大原其戎翁」に、子規の其戎訪問の模様について伝聞するところを僅かではあるが記しているので、引用しておこう。「此時居士(子規)は浮巣とは何ぞや、行々子は何とよむやなど質問し、翁は富士越しの竜をよみたる句を半切紙に筆して居士に与へたりと云ふ」。同論稿では其戎の人柄について、次のように述べている。「俳諧には秘伝口授という事あり。大概の宗匠は容易に伝えざるを例とす。然るに翁は之を親切に門下に指示せり。選句に際し、高弟を召し其意見を聴取して選定す。高ぶらざること概ねかくの如し」。

其戎主宰の俳誌「真砂の志良辺」第92号(明治20年8月12日発行)に、「虫の音を踏みわけ行くや野の小道」という子規の句が「松山正岡」として掲載されている。子規の句が活字になったのはこれが最初である。以後、子規の句は同誌第128号までに計44句が掲載される。子規は明治25年6月27日付の虚子・碧梧桐宛ての書簡で、其戎の高弟、森連甫(三津在住。前記森連翠の父)の「年古き棟木めでたし煤払」「二ツ三ツ重なりあふて雪の嶋」など7句を名句として紹介し、「此句を見て小生又一奮発の勇気を起し申候。大兄等以て如何となす」と述べて二人の奮起を促している。子規は其戎門下の俳人にも関心を寄せていたのである。

【典拠文献・参考文献】
森連翠「大原其戎翁」伊予史談78号 1934年6月
柳原極堂『友人子規』前田出版社 1943年2月
『子規全集』第10巻 講談社 1975年5月
『子規全集』第18巻 講談社 1977年1月
『子規全集』第22巻 講談社 1978年10月
愛媛県史編纂委員会『愛媛県史 文学』 1984年3月
森元四郎「大原其戎の墓碑銘」(「子規会誌」66号 1995年7月)
『俳文学大辞典』角川書店 1995年10月
二神将『二神鷺泉と道後湯之町』アトラス出版 2003年5月

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

愛媛は「愛比売」

  『古事記』『日本書紀』の神話では、日本列島はイザナキ・イザナミの夫婦神によって生み出されたことになっている。イザナキと結ばれたイザナミは大小さまざまな島を生み、日本の国土が出現する。国生み神話とも呼ばれるこの伝承の中で、四国の誕生は次のように語られている(『古事記』の本文によって示す)。

次に伊予之二名嶋(いよのふたなのしま)を生みたまひき。この嶋は身一つにして面(おも)四つあり。面ごとに名あり。かれ(そこで、の意)、伊予の国を愛比売(えひめ)といひ、讃岐の国を飯依比古(いいよりひこ)といひ、粟(あは)の国を大宜都比売(おほげつひめ)といひ、土佐の国を建依別(たけよりわけ)といふ。



 ここでは四国全体が「伊予之二名嶋」と呼ばれ、その中に「伊予の国」「讃岐の国」「粟(阿波)の国」「土佐の国」があると語られている。いうまでもなく、「伊予」は地名、「愛比売」はその土地の神霊の名である(「讃岐」以下も同様)。

「愛比売」の意味するところは「かわいい女性」(「ひめ」は女子に対する尊称)である。「大宜都比売」は「偉大な食物の女性」、「飯依比古」は「飯の霊が依り憑く男性」(「ひこ」は男子に対する尊称)、「建依別」は「勇猛な霊が依り憑く男性」(「わけ」は男子に対する尊称)の意味である。四国の土地の神霊は、このように男神と女神に二分されると同時に、食物神(大宜都比売・飯依比古)とそうでない神とに二分されるのが特徴である。

 この四国を総称して「伊予之二名嶋」とする理由について、考古学者の森浩一は次のようなことを述べている。

考古学の世界では、大陸からの文化は、まず対馬・壱岐の辺りに入ったとか、福岡や唐津などに入ったとか、距離的な近さだけで言われます。愛媛の場合は、地図上では大陸からはやや遠いようですが、さまざまな大陸文化の直接の影響というものが強く匂ってきます。これは非常におもしろいことです。そういうことが〈伊予之二名島〉というように、国生み神話では、四国を代表する重要な土地として、伊予国が描かれているのではないかと思います。(中略)愛媛は実に面白い地域です。(中略)愛媛県には、海を越えた朝鮮半島南部や中国大陸などとの交渉だけでなく、日本列島の中でも海を隔てた対岸の九州や出雲などの地域との交流を示す例が非常に多いのです。このようなことは、国生み神話で伊予国が四国島を代表する土地としての価値観の一端になったのではないかと思われるのです。




「伊予之二名嶋」の「二名嶋」の意味については確かな説がない。男女の神が東西からみても南北からみても二並びであるので、「ふたならびの島」の意であるともいわれるが、いささか付会の説のような気がする。

  明治6年(1873)2月20日、石鐵県と神山県が合併して愛媛県が誕生した。この県名が選定された経緯については記録が残されていないが、今治出身の半井梧庵(なからいごあん 石鐵県地理掛)が明治2年に刊行した伊予国の地誌『愛媛面影』の「愛媛」という文字が審議され採択されたものと考えられている(『愛媛県史 近代上』)。『愛媛面影』の序文に「これを愛媛の面影としも名づけたるゆゑよしは、古事記に此島は身ひとつにして面四つあり、かれ伊予国を愛比売といふとあるによりて、やがて巻の名におほせつるなり」とあるように、梧庵は『古事記』に出る伊予国の神霊「愛比売」に「愛媛」の字を当てた。愛媛はかわいい女性を意味する「愛比売」―都道府県名にこうした由来をもつ例は他に見当たらない。

【付記】 「愛比売」の「愛」はア行のエを示す音仮名。この場合のエには「愛すべき。かわいい。立派な」の意がある。ヤ行音のエ(音仮名「兄」)を用いた「兄比売(えひめ)」は「年上の方の姫」の意で、「弟比売(おとひめ)」=「妹の姫」に対する語となる。

 県名の選定に際して、「愛比売」の「比売」に「姫」ではなく、「媛」の字を当てたことについて、『愛媛県史 文学』では、書写の運筆と字形から、上字「愛」とつり合いがとれるのは「媛」であること、上代資料によると、「ひめ」は「媛」の字の方が一般的であったこと、漢字の意味からみると、「姫」は「女官」、「媛」は「美女」であること(新撰字鏡)などが考慮されたためであろうと推測している。同書ではまた、「愛比売」という神霊の名称について、伊予の国が「水の女(神の妻・巫女)」を核とする海神(わたつみ)信仰の世界と深く関わっていたことを示すものと考えることもできると指摘している。

 三津の特産品「二名煮」は、文人画家、富岡鉄斎(1836-1924)が「伊予之二名嶋」にちなんで命名したものであるという。

【典拠文献・参考文献】
西宮一民『古事記』新潮日本古典集成 1979年6月
愛媛県史編纂委員会『愛媛県史 文学』1984年3月
愛媛県史編纂委員会『愛媛県史 近代上』1986年3月
森浩一 他『瀬戸内の海人たち 2』愛媛新聞社 1998年12月

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

散歩

幸田露伴の著『一国の首都』によると、江戸時代、散歩は「犬川などといひて卑(いや)しむ傾き」があったそうである。「犬川」とは「犬の川端歩き」、すなわち無用のことという意味である。大佛次郎(おさらぎじろう)の「散歩について」というエッセーには、江戸時代、散歩は「遊び人か隠居だけに許されること」で、「神詣(もう)で寺詣でなら目的があってよいが、ぶらぶら歩きなどは、はしたないことで、してはならぬ行儀であった。散歩は、やはり西洋人が来て教えた。(中略)町人の社会でも、堅気な家など、用のない外出を戒めたのは当然である。(中略)日本の武士で町によくぶらぶら歩きに出たのは、勝海舟である。父親の勝小吉が武士でも本所(ほんじょ)の遊び人だったせいだけでなく、やはり外国人の散歩の習慣に習ったのである」と記されている。日本では、散歩という習慣はどうやら近代になってから定着したものであったらしい。

江戸時代の日本人は、腕を振って歩く習慣もなく、「なんば歩き」といって、右足と同時に右肩を出し、左足と同時に左肩を出す歩行法をしていたといわれる。この歩き方では、どうしても前かがみとなり、身体を揺するような格好となりがちだから、「してはならぬ行儀」という以前に、気ままに歩く散歩という行為自体がなりたたないようにも思われる。明治になってからの初年兵教育では、日本人のこの「なんば歩き」を改めさせるのにたいへん時間がかかったという。

『日和下駄』(ひよりげた)と題するエッセーに「市中の散歩は子供の時から好きであった」と述べて、散歩好きを自称していたのが永井荷風である。荷風は江戸の面影をのこす東京の下町を好んで散策し、路地のたたずまいにえもいわれぬ詩情を見出した。挿絵作家として有名な木村荘八は、それまでだれも気づかなかった路地の良さを発見したのは荷風であるといったそうである。

荷風が『日和下駄』を上梓した大正4年(1915)当時、東京の隅田川にはまだ渡し場がいくつかのこっており、人の往来に渡し船が用いられていた。荷風は『日和下駄』の中で、「今日世界の都会中渡し船なる古雅の趣を保存している処は日本の東京のみではあるまいか」と述べ、渡し船は「古樹と寺院と城壁と同じくあくまで保存せしむべき都市の宝物である」といっている。

路地や渡し船を偏愛した荷風が、三津の町並みや三津の渡しを目にしていたら、どのような感想を述べたであろうか。都会派を自認していた荷風であるから、地方都市の良さについては語ろうとしないかもしれないが…。荷風の句、

行く春やゆるむ鼻緒の日和下駄



荷風は晴れの日でも蝙蝠傘(こうもりがさ)を持ち日和下駄をはいて、東京の街を散策した。これは「年中湿気の多い東京の天気に対して全然信用を置かぬからである」と自ら述べている。

【追記】明治時代には「郊外散歩」という言葉があったと江藤淳がいっている(「漱石生誕百年記念講演」)。東京では、江戸時代からつづいたツツジの名所、大久保あたりの「植木屋をひやかしに行ったりするのが、気のきいた郊外散歩だった」らしい。夏目漱石の『こゝろ』に、「先生」と「私」が大久保とおぼしきところに「郊外散歩」に出かける場面がある。

【参考文献】
『大佛次郎随筆全集』第2巻 朝日新聞社 1974年1月
野口富士男編『荷風随筆集(上)』岩波文庫 1986年9月
幸田露伴『一国の首都』岩波文庫 1993年5月
半藤一利『荷風さんと「昭和」を歩く』プレジデント社 1994年12月
川本三郎『荷風好日』岩波書店 2002年2月
江藤淳『決定版 夏目漱石』新潮文庫改版 2006年3月
牧原憲夫『日本の歴史13 文明国をめざして』小学館 2008年12月

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード