FC2ブログ

黙認する江戸時代の役人

 十両盗めば死罪というのが江戸時代の定法(じょうほう)であった。だが、実際には十両盗んでもほとんど死罪にはならなかった。江戸時代、盗難の被害届は十両以上であっても、九両三分二朱などと書かれることが多く、役人もそれを黙認したためである。
 当時の役人はなにかにつけて黙認することが多かった。松山藩士であった内藤鳴雪(1847-1926)は、江戸時代の関所の役人について次のような証言をのこしている。

町人百姓がなにか事故があって手形をもらわなかった時は、関所の前の宿で偽造の手形を高価で売っているのを買って、それで通ることもできた。このことは黙許になっていた。その偽手形も買わぬ者は関所を通らずして抜道を通った。なんでも手形をもたぬ町人百姓が関所に来ると、役人は「これからどちらへ行ってどう曲がると抜道があるが、それを通ることはあいならぬぞ」といって、暗に抜道を教えたということである。(『鳴雪自叙伝』岩波文庫60頁)。


 このあきれかえるような話を結んで、鳴雪は「旧幕時代は諸事むつかしい法度があるとともに、またその運用に極めて寛大なところもあったのである」と述べている。江戸時代、役人の法運用が極めて柔軟で、人々の現実生活にうまく対応できるようになっていたのは、たしかに鳴雪が指摘するとおりであろう。だが、その同じ鳴雪が証言していることだが、捕縛した犯罪者を手数がかかるからという理由で牢内で毒殺してしまうことも当時はあったということである(同12頁)。江戸時代の役人の柔軟さはこうしたいまわしき面にも発揮されていたのである。

【参考文献】
渡辺京二『逝きし世の面影』葦書房 1998年9月
内藤鳴雪『鳴雪自叙伝』岩波文庫 2002年7月

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

「黒船、三津に来る」

文久元年(1861)7月23日、黒船が三津浜沖に出現した。久米の神官、三輪田米山(1821-1908)はこの日の日記に「黒船、三津へ来る。暁出帆、三津、夜を寝る人、一人もなし」と記している。三津の町は緊張した。翌24日、米山は久米までやって来た三津の魚売りから情報を得ることができた。それによると、三津の町には役人が出動していて、浜辺には多数の高張り提灯、弓張り提灯が持ち出されているとのこと、黒船に乗っている異国人の数も800人とも300人ともいわれているとのことであった。その翌日、米山は事の実否をたしかめるため、弁当をもって三津まで出かけることにした。三津の番所の北の方の浜で弁当を食べながら、近くの店の主人に聞いたところ、黒船は松前方面からやって来たもので、大きさは25、6間ほど、見物あいならぬとのお触れが出たため見物人はみな退散した、すでに出帆したので詳しいことは知らないという。ところが、黒船出現直後、いち早く小舟に乗って黒船に接近した者がいる。この店の主人の向かいの酒屋の者がそれで、米山はその者からの情報も得ることができた。それによると、日本人の水先案内人が乗り込んでおり、三津浜付近の海の深さを測量していたとのことである。こうした情報を得ながらもまだ満足がいかなかったのか、米山は船元締兼帯船奉行の吉田助左衛門宅を訪ねて、詳細をさらに聞こうとした。煎餅(代1匁)を持参して吉田助左衛門宅を訪れる。吉田は米山にこう語った。船はイギリスの商船で、興居島(ごごしま)の西を通る予定であったが、潮流がわるく、三津にたちよることとなった。城下より目付、歩士目付ほか、もろもろの役人が来て商船であることを確認した。幕府からは上陸させないように、また鉄砲など打ちかけてきた場合は応戦するようにとの通達があったが、そのような問題も起こさず、無事、出帆した。米山は吉田からこれらのことを聞いて、ようやく得心がいったのか、帰途についた。帰宅した時にはすでに五つ(午後8時頃)を過ぎていた。

上記のことはすべて、米山日記、文久元年7月23日、24日、25日の各条に克明に記されている。米山は「好奇心・探究心が強く、変事を聞けば直ちに行ってみるという性格」(『松山市史料集』第8巻「三輪田米山日記」解題)で、「書」だけではなく、人間的にも魅力に富む人物であった。なお、この黒船に騒いだ3日間の松山地方の天候はいずれの日も晴天。そのよりどころはもちろん米山日記である。

【典拠文献・参考文献】
松山市史料集編集委員会『松山市史料集』第8巻 1984年4月
松山市史編集委員会『松山市史』第2巻 1993年4月

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

内藤鳴雪が語る江戸時代

松山藩士の家に生まれた内藤鳴雪(1847-1926)は正岡子規の俳句の弟子であったが、大政奉還直前の慶応3年(1867)9月に生まれた子規よりも20歳もの年長であるから、江戸時代という封建の世を身をもって知っていた。鳴雪の自叙伝にはかれが実際に体験した江戸時代のことが種々書き記されていて、当時を知るための貴重な証言となっている。今そのなかから松山藩の諸事情や武士の生活に関することがらを箇条書きにして、示しておくことにしよう(岩波文庫本『鳴雪自叙伝』によって該当頁数を示す)。

○男子は8歳以上になれば、主君にお目見えをする。そうしておかないと、主君が没した場合、家禄が減ぜられる定まりであった。お目見えをすました子を「お目見え子」といった(23頁)。

○江戸の藩邸で、藩主が死去した場合、柩は通用門から出す。表門から出すことは幕府から賜った屋敷ゆえ憚る。士以下の遺骸は無常門というところから出す(24頁)。

○徳川家の菩提寺である寛永寺・増上寺へ将軍が参詣する御成(おなり)の日には、沿道の大名屋敷は外に向かった窓に銅の戸をおろし、屋敷内の者は外出を禁じられていた。幕府が外出を禁止していたわけではなく、各藩主が禁止していた(33頁)。

○ 江戸の松山藩邸の勤番者(単身国許から一年交代で江戸の藩邸に勤務する者)は月に4回だけ邸外へ出ることを許された。その日には目付役より鑑札をもらって外出し、帰るとそれを返付した。定府の者(家族とともに長期間、江戸の藩邸に勤務する者)の外出は自由であった(37頁)。

○藩の公務の旅でも、その費用は自弁であった。藩士は家禄の全部を使っても家族を養うのがやっとであったので、公務の旅をする場合は家禄の前借りをした。また別に侍中の共有の貯蓄があって、それをもらいうけることにもなっていた(55頁)

○大名が金を借りる時には必ず大阪の豪商(松山藩の場合は住友)に借りた。その交渉は必ず藩の留守居役が豪商の番頭を相手におこなった。留守居役は平素から番頭に贈り物をしたり、酒楼につれて行ったりしてその機嫌を取るのに汲々としていた(67頁)

○ 藩所有の船は大阪へ米を積み出すためのもの、藩士の往来に使うものなど多数あった。藩主・重臣専用の関船(せきぶね)というのもあった。関船は中に座敷めいたものがあって、両側に勾欄があり、多数の船頭が立って櫓を操る。藩主が乗船する時は幟、吹流しを立て、船の出入りには太鼓を打った(68頁)。

○松山藩の藩校、明教館には表講釈の日というのがあり、月に2回は必ず聴聞しなければならなかった。無断欠席の場合はただちに処罰された(74頁)。

○ 大名は京都御所へたちよることはできず、まれに将軍の代理として上洛することがあるだけである。藩主が朝廷から官位を授与された時などには朝廷に献上をするが、古例を守り作法をととのえなければ、公家から談判をされるので、諸藩はとかく京都に対しては敬遠主義をとっていた(88頁)

○松山藩は京都の公家、徳大寺家を通じて朝廷への用を弁じていた。藩は徳大寺家の家令に贈り物をして、その機嫌を取っていた(90頁)。

○武士が他家を訪問した際、腰に帯びる大小の刀のうちの大の方は座敷の次の間まで持ち込んでそこに置く。座敷で先方に挨拶する時でも小の方は帯びている。よほどくつろいで話でもする時でなければ、小刀は腰から離さない(118頁)。

○士族の生活は質素で、邸内の畑でとれた野菜や漬けてある沢庵を食した。魚は月に3日(朔日・15日・28日)のみ膳に上った。醤油なども手作りであった(119頁)

○衣服に関しては、男女ともに絹布は禁止で、木綿を着用する。簪に金銀を用いるのも禁止で、真鍮のものを用いさせた(119頁)

○松山は米のよくできるところであったから、藩は四公六民ではなく、十分の六以上、ほとんど七分くらい年貢米を徴収していた(121頁)。

○松山藩では士族の私闘に対する処罰が他藩より厳しく、一人が抜刀した時に少しでも傷を負わせるようなことがあれば、双方ともに割腹しなければならないことになっていた(123頁)。

○私用の旅行は厳禁であった。近くの大洲領内へさえ行くことはできなかった。ただし、神仏の参詣の場合は願えば許されることがあった。父母の看護を要する場合、その父母が居住する地へ行くことはできた(127頁)。

○家老は藩士をすべて呼び捨てにする。藩士は何々様といって主君に次いだ敬礼をする。道で出会っても、下駄を脱いではだしで地面に立たなければならないのだが、下駄のまま鼻緒の上に足をのせて形ばかり脱いだ式をした(174頁)。

○主君を前にする時は、互いに名を呼び捨てにする。家老であろうが親であろうがすべて呼び捨てである。言葉遣いも「どうしませい、こうしませい」といって決して敬語を用いない(174頁)。

上記はいずれも江戸時代を実際に体験していた鳴雪ならではものといえるであろう。内藤鳴雪、本名ははじめ師克、のちに永貞、さらにこれを素行(もとゆき)と改める。鳴雪という号の由来については「なにごとも成行きに任すということの当て字」(256頁)であると自身が語っている。いうまでもなく、「成行き」 →「なり(鳴り)・ゆき(雪)」→「鳴雪(めいせつ)」である。

【参考文献】
内藤鳴雪『鳴雪自叙伝』岩波文庫 2002年7月

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

日付が替わる時刻

いつごろからそうであったか定かではないが、日本では日の出直前の時間帯、寅の刻(午前4時頃)あたりが日付の替わり目と認識されていた。これと対照的に古代ユダヤの宗教暦では、日没時が一日の始まりとされていた。『旧約聖書』「創世記」の一節に「夕べがあり、朝があった」(1章23節)とあるのは、そうした時間意識が反映したもので、その背景には時を闇から光に向かうものとする観念があるという。『旧約聖書』「レビ記」(23章32節)には、一日の単位を夕暮れから次の夕暮れまでとする記述も認められる。夕暮れという点からいうと、日本の神道儀礼には、なぜか夕暮れから始まるものが多い(新嘗祭の開始時刻は午後6時頃、今上天皇の大嘗祭本祭が執り行われたのも午後6時過ぎだったという。神社の祭礼も宵祭・宵山・宵宮などと称して夕方から始まるものがある)。もしかするとこれは、日本においても日没時を一日の始まりとする観念があったということを示すものであるのかもしれない。

[付記] 日本では日付の替わり目がどの時刻と認識されていたかについては、専門書ではないが、下記の書にそれぞれ次のような記述がある。「寅の刻(午前4時頃)が日付の替わり目」(日下力『古典講読シリーズ 平治物語』9頁)「近世以前は午前4時頃、日付がかわった」(和田萃『飛鳥 歴史と風土を歩く』75頁)「平安時代は丑の刻と寅の刻の間、午前3時をもって日付の変わる時刻としていた」(山本淳子『源氏物語の時代 一条天皇と后たちのものがたり』55頁)

中国唐代の浄土教の大成者、善導(613-681)の『往生礼讃』という著作には、一日が「日没・初夜・中夜・後夜・晨朝・日中」という六時の順序で書き記されており、一日の始まりを日没時とする時間意識が仏教の中にもあったことを窺わせる。

【参考文献】
日下力『古典講読シリーズ 平治物語』岩波書店 1982年12月
浄土真宗聖典編纂委員会編『浄土真宗聖典七祖篇(註釈版)』本願寺出版社 1996年3月
太田献一監修『新共同訳旧約聖書略解』日本基督教団出版局 2001年3月
網野善彦・横井清『日本の中世 6 都市と職能民の活動』中央公論新社 2003年2月
和田萃『飛鳥 歴史と風土を歩く』岩波新書 2003年8月
山本淳子『源氏物語の時代 一条天皇と后たちのものがたり』朝日選書 2007年4月

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード